商品一覧

MBP®とは?

牛乳に含まれる希少な機能性たんぱく質です。

MBP®とは、希少な機能性たんぱく質です。
牛乳にはたんぱく質が豊富に含まれていますが、そのうちホエイたんぱく質は牛乳全体の0.6%しかありませんこの成分は詳しく解明されていませんでしたが、雪印メグミルクは永年の研究の結果、ホエイたんぱく質の中からMBP®の抽出に成功。まさにMBP®は希少な機能性たんぱく質なのです。

ホエイたんぱく質について

ホエイ(たんぱく質)は、日本語で乳清(にゅうせい)といいます。
例えばヨーグルトから水分が出てくることがありますが、こちらも乳清です。
このホエイについては、昔から栄養価の高いものとして知られていましたが、その成分はあまり詳しく解明されていませんでした。
しかし、雪印メグミルクの研究でMBP®をはじめ、人のからだにさまざまにはたらく成分が含まれていることがわかってきたのです。

ホエイたんぱく質

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨のしくみと役割

私たちのからだを支えている骨。その骨のしくみと役割についてご紹介します。

骨のしくみ

骨は生きています
骨は生きています。

「骨」というと、博物館などに展示されている恐竜の骨や、理科室に置いてある骨格模型などを想像される方も多いと思います。あのような骨を想像すると、「骨は生きています」と言われても、ピンとこないかもしれませんね。
しかし、実際は、骨の内部には細い血管が縦横無尽に張りめぐらされ、骨の細胞がイキイキと活動しています。けがで骨折した骨がまた治って元通りになるのも、骨の細胞が新しい骨をつくってくれるおかげなのです。

骨はカルシウムの固まりではありません

骨は、カルシウムだけでつくられているのではありません。
簡単に言えば、カルシウムと、たんぱく質の一種であるコラーゲンからできています。ちょうど鉄筋コンクリートのような構造だと言ってもよいでしょう。カルシウムがセメント、コラーゲンが鉄筋というわけです。
この図でもわかるとおり、コラーゲンを芯にしてカルシウムをくっつけて、新しい骨をつくっていくのです。

骨はカルシウムの固まりではありません
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。

骨は生きている組織ですか ら、新陳代謝を繰り返し、絶えず新しい骨と入れ替わっています。つまり、骨は毎日少しずつ生まれ変わっているのです。
ヒトの全身の骨が生まれかわる周期は、成人で約3年といわれています。
もちろん私たちが生まれてから、この骨の新陳代謝は年齢に関係なく繰り返されます。

骨の役割

骨には2つの大切な役割があります。<
骨には2つの大切な役割があります。

私たち人間も含めて、陸上で生活する動物の骨には、主に2つの大きな役割があります。
1番目は体を支える役割。私たちが自分の体重に負けず、地上で生活できるのは、じょうぶな骨格のおかげです。
2番目は、カルシウムの貯蔵庫としての役割。人間のあらゆる細胞の機能や神経の伝達などに必要不可欠なカルシウムは血中にあり、また骨にも蓄えられています。
血中のカルシウム濃度は常に一定に保たれる必要があり、そのために不足すると骨から溶かし出され、体の各組織へと運ばれていきます。
逆に、余ったときには骨に蓄えられていくのです。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨が生まれかわるしくみ

骨では、骨をつくる骨芽細胞(こつがさいぼう)と、骨を壊す破骨細胞(はこつさいぼう)がはたらいています。
この2つの細胞が常に活動しながら、毎日少しずつ骨をつくり変えているのです。

骨が生まれ変わるのには理由があります。

骨は生きています

どんどん骨が伸びていく成長期だけではなく、成人でも約3年で骨は生まれ変わります。その理由は2つ。
1つは、人間の生命を維持していくのに欠かせないカルシウムをからだの各組織に送り出すため。
骨はカルシウムを蓄える機能があり、不足すると骨から溶かし出され、余ると骨の中に蓄えます。 つまり、骨は常にカルシウムを出し入れしているので、結果的に生まれ変わるわけです。
2つめは、古くなった骨を若返らせるため。じょうぶな骨も古くなると弾力を失ってもろくなってしまいます。骨は生まれ変わることで、しなやかな強さを維持しているのです。

骨芽細胞の働き

骨芽細胞は骨を作る細胞です。
骨の「鉄筋」にあたるコラーゲンをつくり出し、そこにカルシウムを付着させる「のり」となるたんぱく質を塗っていきます。ここに血液中から運ばれてきたカルシウムが自然に付着していき、新しい骨ができるのです。

破骨細胞の働き

破骨細胞は骨を壊す細胞です。
もともとは血液細胞の一種ですが、それがホルモンの刺激を受けて、骨の中で破骨細胞に分化します。
この破骨細胞は、古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします。溶けたカルシウムは再び血管を通り体内へと運ばれていきます。
しかし破骨細胞は、ホルモン等のバランスがくずれると、時々必要以上のカルシウムを溶かし出してしまうことがあります。特にそれが閉経期以降の女性の場合は、顕著に現れます。

骨が生まれ変わるまで

骨が生まれ変わるまで

年代別 骨のしくみ

成長期
成長期 骨の発育を活発にしましょう

新陳代謝が活発な成長期は、骨はさかんにつくられ、同時に壊されています。しかし骨をつくる力の方が強いため、体は大きくなっていくのです。
この時期は、このはたらきを促進するために食事と運動がとても大切です。
ちなみに、背骨の骨量は20歳頃まで、手足の骨の骨量は30歳頃までは増加するといわれています。

成熟期
成熟期 将来に備え、ころばぬ先の骨づくりを

30代以降は、体が完全にできあがる年代。骨量も最大となります。
また骨をつくる力と壊す力のバランスが取れている時期でもあります。従って、将来の骨量の減少を遅らせるために、バランスのとれた食生活が大切です。

高齢期
更年期以降の高齢期、骨を守りましょう。

年齢を重ねるにつれて、骨量はゆるやかに減少していきます。全体に骨をつくる力も、骨を壊す力も弱まっていきますが、骨を壊す力の方が強い時期になります。
特に女性は50代以降の更年期に、閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、骨量が急激に減少します。
この状態が病的に進行したのが骨粗しょう症です。
特に、20代までにしっかり骨量を上げていなかったり、日々の食事のカルシウム不足が続いていると、骨量も早くから減少してしまいます。
従って骨量の減少をできるだけ遅らせることが非常に大切と考えられます。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

カラダの成長と骨の成長のしくみ

1.成長期のカラダづくりに大切なこと

成長期

成長期は、身長も伸び体重も増える、カラダづくりに大切な時期です。
丈夫なカラダづくりのためには、食生活・運動・睡眠が大切と言われています。

特に食生活については、何を食事から摂るかが大切です。
しっかりとしたカラダづくりには、まず骨の成長が大切。
そして“骨にはカルシウム”だけで良いのでしょうか?カルシウムを摂れば、カラダの成長となるのでしょうか?

2. 子どもの骨の成長期には2つのプロセスが大切

骨の材料をつくり、丈夫な骨にする。この2つのプロセスを繰り返し、しっかりとしたカラダをつくっていきます。
背が伸びるとは、骨が伸びることです。

3.骨の材料をつくる

子どもの骨の両端にある骨端線と呼ばれる場所にある軟骨が増えていき、骨が伸びます。

成長期

軟骨はコラーゲン(たんぱく質)で出来ています。食事から摂るたんぱく質が消化されて出来るアミノ酸がコラーゲンの原材料となり、そして成長ホルモンの働きによりコラーゲンが増えていきます。
この際、ビタミンB群も大切です。たんぱく質をアミノ酸に分解したり、別のアミノ酸に組み替えたりする働きを助けたりします。

4.丈夫な骨をつくる

食事から摂ったカルシウム(などのミネラル)が、骨端で増えた軟らかいコラーゲンに付き固め、強くしっかりとした骨として完成させます。
カルシウムの吸収が進まないと、せっかく、骨の土台となるコラーゲンを作っても骨になりません。カルシウムは体内で合成できないため、食事などから摂るしか方法はありません。しかし、せっかく摂ったカルシウムも骨に取り込まれなければ、排出されてしまいます。
ところが、カルシウムの体内への吸収率は低いとされています。(※)
そのため、カルシウムを効果的に骨に取り込むことが理想的です。カルシウムの吸収にはビタミンDが役立ちます。ビタミンDはカルシウムの運搬係として血液中に取り込むように働きます。
(※)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

5.カラダが大きくなるタイミングに

カラダが大きくなる成長期には、カルシウムだけでなく、ここまでに説明しましたような、骨の成長に役立つさまざまな栄養をバランス良く摂る必要があります。
カラダの骨量は20歳前後がピーク時期とされています。そして、成長期といわれる小学校高学年や中学生世代は、最もカルシウムが必要な時期です。

成長期

食事の量や栄養バランスを工夫され、ぜひお子さまのすこやかな成長を支えてあげてください。
成長期に無理なダイエットをすると栄養不足により、骨が十分につくられなくなります。
三食きちんと食べ、栄養に偏りのあるインスタント食品などは食べ過ぎず、バランスの良い食生活にしましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨にはMBP®+カルシウム

MBP®は牛乳中の微量成分

MBP®は骨に関わる、牛乳中の微量成分として、雪印メグミルクが永年にわたり研究してきました。
この研究成果が実り、MBP®を使用した特定保健用食品の商品も発売することができました。

骨の材料となるカルシウム

実は年齢とともにカルシウムの吸収率は衰えます。せっかく摂ったカルシウムも、骨の材料として有効に利用されない場合があるため、十分に摂る必要があります。

毎日の食事で、どのくらいカルシウムが摂れていますか?

日本人は、慢性的なカルシウム不足だと言われています。カルシウムの摂取推奨量は、18才以上女性で650mg。しかし毎日しっかり摂取している人は多くありません。 カルシウムを650mg摂取するためには下の表くらいの食材が必要です。食生活もしっかり意識しましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

内臓脂肪が気になる方へ
5,117 円(税込)
雪印メグミルクが80年もの乳酸菌研究から選び抜いた「ガセリ菌SP株」。食事由来の脂肪の吸収を抑制、12週間で肥満気味の方の内臓脂肪低減機能が確認されています。カプセル3粒に10億入った「ガセリ菌SP株..
コツコツと骨太な人生を送りたい方へ

MBP®とは?

牛乳に含まれる希少な機能性たんぱく質です。

MBP®とは、希少な機能性たんぱく質です。
牛乳にはたんぱく質が豊富に含まれていますが、そのうちホエイたんぱく質は牛乳全体の0.6%しかありませんこの成分は詳しく解明されていませんでしたが、雪印メグミルクは永年の研究の結果、ホエイたんぱく質の中からMBP®の抽出に成功。まさにMBP®は希少な機能性たんぱく質なのです。

ホエイたんぱく質について

ホエイ(たんぱく質)は、日本語で乳清(にゅうせい)といいます。
例えばヨーグルトから水分が出てくることがありますが、こちらも乳清です。
このホエイについては、昔から栄養価の高いものとして知られていましたが、その成分はあまり詳しく解明されていませんでした。
しかし、雪印メグミルクの研究でMBP®をはじめ、人のからだにさまざまにはたらく成分が含まれていることがわかってきたのです。

ホエイたんぱく質

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨のしくみと役割

私たちのからだを支えている骨。その骨のしくみと役割についてご紹介します。

骨のしくみ

骨は生きています
骨は生きています。

「骨」というと、博物館などに展示されている恐竜の骨や、理科室に置いてある骨格模型などを想像される方も多いと思います。あのような骨を想像すると、「骨は生きています」と言われても、ピンとこないかもしれませんね。
しかし、実際は、骨の内部には細い血管が縦横無尽に張りめぐらされ、骨の細胞がイキイキと活動しています。けがで骨折した骨がまた治って元通りになるのも、骨の細胞が新しい骨をつくってくれるおかげなのです。

骨はカルシウムの固まりではありません

骨は、カルシウムだけでつくられているのではありません。
簡単に言えば、カルシウムと、たんぱく質の一種であるコラーゲンからできています。ちょうど鉄筋コンクリートのような構造だと言ってもよいでしょう。カルシウムがセメント、コラーゲンが鉄筋というわけです。
この図でもわかるとおり、コラーゲンを芯にしてカルシウムをくっつけて、新しい骨をつくっていくのです。

骨はカルシウムの固まりではありません
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。

骨は生きている組織ですか ら、新陳代謝を繰り返し、絶えず新しい骨と入れ替わっています。つまり、骨は毎日少しずつ生まれ変わっているのです。
ヒトの全身の骨が生まれかわる周期は、成人で約3年といわれています。
もちろん私たちが生まれてから、この骨の新陳代謝は年齢に関係なく繰り返されます。

骨の役割

骨には2つの大切な役割があります。<
骨には2つの大切な役割があります。

私たち人間も含めて、陸上で生活する動物の骨には、主に2つの大きな役割があります。
1番目は体を支える役割。私たちが自分の体重に負けず、地上で生活できるのは、じょうぶな骨格のおかげです。
2番目は、カルシウムの貯蔵庫としての役割。人間のあらゆる細胞の機能や神経の伝達などに必要不可欠なカルシウムは血中にあり、また骨にも蓄えられています。
血中のカルシウム濃度は常に一定に保たれる必要があり、そのために不足すると骨から溶かし出され、体の各組織へと運ばれていきます。
逆に、余ったときには骨に蓄えられていくのです。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨が生まれかわるしくみ

骨では、骨をつくる骨芽細胞(こつがさいぼう)と、骨を壊す破骨細胞(はこつさいぼう)がはたらいています。
この2つの細胞が常に活動しながら、毎日少しずつ骨をつくり変えているのです。

骨が生まれ変わるのには理由があります。

骨は生きています

どんどん骨が伸びていく成長期だけではなく、成人でも約3年で骨は生まれ変わります。その理由は2つ。
1つは、人間の生命を維持していくのに欠かせないカルシウムをからだの各組織に送り出すため。
骨はカルシウムを蓄える機能があり、不足すると骨から溶かし出され、余ると骨の中に蓄えます。 つまり、骨は常にカルシウムを出し入れしているので、結果的に生まれ変わるわけです。
2つめは、古くなった骨を若返らせるため。じょうぶな骨も古くなると弾力を失ってもろくなってしまいます。骨は生まれ変わることで、しなやかな強さを維持しているのです。

骨芽細胞の働き

骨芽細胞は骨を作る細胞です。
骨の「鉄筋」にあたるコラーゲンをつくり出し、そこにカルシウムを付着させる「のり」となるたんぱく質を塗っていきます。ここに血液中から運ばれてきたカルシウムが自然に付着していき、新しい骨ができるのです。

破骨細胞の働き

破骨細胞は骨を壊す細胞です。
もともとは血液細胞の一種ですが、それがホルモンの刺激を受けて、骨の中で破骨細胞に分化します。
この破骨細胞は、古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします。溶けたカルシウムは再び血管を通り体内へと運ばれていきます。
しかし破骨細胞は、ホルモン等のバランスがくずれると、時々必要以上のカルシウムを溶かし出してしまうことがあります。特にそれが閉経期以降の女性の場合は、顕著に現れます。

骨が生まれ変わるまで

骨が生まれ変わるまで

年代別 骨のしくみ

成長期
成長期 骨の発育を活発にしましょう

新陳代謝が活発な成長期は、骨はさかんにつくられ、同時に壊されています。しかし骨をつくる力の方が強いため、体は大きくなっていくのです。
この時期は、このはたらきを促進するために食事と運動がとても大切です。
ちなみに、背骨の骨量は20歳頃まで、手足の骨の骨量は30歳頃までは増加するといわれています。

成熟期
成熟期 将来に備え、ころばぬ先の骨づくりを

30代以降は、体が完全にできあがる年代。骨量も最大となります。
また骨をつくる力と壊す力のバランスが取れている時期でもあります。従って、将来の骨量の減少を遅らせるために、バランスのとれた食生活が大切です。

高齢期
更年期以降の高齢期、骨を守りましょう。

年齢を重ねるにつれて、骨量はゆるやかに減少していきます。全体に骨をつくる力も、骨を壊す力も弱まっていきますが、骨を壊す力の方が強い時期になります。
特に女性は50代以降の更年期に、閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、骨量が急激に減少します。
この状態が病的に進行したのが骨粗しょう症です。
特に、20代までにしっかり骨量を上げていなかったり、日々の食事のカルシウム不足が続いていると、骨量も早くから減少してしまいます。
従って骨量の減少をできるだけ遅らせることが非常に大切と考えられます。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

カラダの成長と骨の成長のしくみ

1.成長期のカラダづくりに大切なこと

成長期

成長期は、身長も伸び体重も増える、カラダづくりに大切な時期です。
丈夫なカラダづくりのためには、食生活・運動・睡眠が大切と言われています。

特に食生活については、何を食事から摂るかが大切です。
しっかりとしたカラダづくりには、まず骨の成長が大切。
そして“骨にはカルシウム”だけで良いのでしょうか?カルシウムを摂れば、カラダの成長となるのでしょうか?

2. 子どもの骨の成長期には2つのプロセスが大切

骨の材料をつくり、丈夫な骨にする。この2つのプロセスを繰り返し、しっかりとしたカラダをつくっていきます。
背が伸びるとは、骨が伸びることです。

3.骨の材料をつくる

子どもの骨の両端にある骨端線と呼ばれる場所にある軟骨が増えていき、骨が伸びます。

成長期

軟骨はコラーゲン(たんぱく質)で出来ています。食事から摂るたんぱく質が消化されて出来るアミノ酸がコラーゲンの原材料となり、そして成長ホルモンの働きによりコラーゲンが増えていきます。
この際、ビタミンB群も大切です。たんぱく質をアミノ酸に分解したり、別のアミノ酸に組み替えたりする働きを助けたりします。

4.丈夫な骨をつくる

食事から摂ったカルシウム(などのミネラル)が、骨端で増えた軟らかいコラーゲンに付き固め、強くしっかりとした骨として完成させます。
カルシウムの吸収が進まないと、せっかく、骨の土台となるコラーゲンを作っても骨になりません。カルシウムは体内で合成できないため、食事などから摂るしか方法はありません。しかし、せっかく摂ったカルシウムも骨に取り込まれなければ、排出されてしまいます。
ところが、カルシウムの体内への吸収率は低いとされています。(※)
そのため、カルシウムを効果的に骨に取り込むことが理想的です。カルシウムの吸収にはビタミンDが役立ちます。ビタミンDはカルシウムの運搬係として血液中に取り込むように働きます。
(※)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

5.カラダが大きくなるタイミングに

カラダが大きくなる成長期には、カルシウムだけでなく、ここまでに説明しましたような、骨の成長に役立つさまざまな栄養をバランス良く摂る必要があります。
カラダの骨量は20歳前後がピーク時期とされています。そして、成長期といわれる小学校高学年や中学生世代は、最もカルシウムが必要な時期です。

成長期

食事の量や栄養バランスを工夫され、ぜひお子さまのすこやかな成長を支えてあげてください。
成長期に無理なダイエットをすると栄養不足により、骨が十分につくられなくなります。
三食きちんと食べ、栄養に偏りのあるインスタント食品などは食べ過ぎず、バランスの良い食生活にしましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨にはMBP®+カルシウム

MBP®は牛乳中の微量成分

MBP®は骨に関わる、牛乳中の微量成分として、雪印メグミルクが永年にわたり研究してきました。
この研究成果が実り、MBP®を使用した特定保健用食品の商品も発売することができました。

骨の材料となるカルシウム

実は年齢とともにカルシウムの吸収率は衰えます。せっかく摂ったカルシウムも、骨の材料として有効に利用されない場合があるため、十分に摂る必要があります。

毎日の食事で、どのくらいカルシウムが摂れていますか?

日本人は、慢性的なカルシウム不足だと言われています。カルシウムの摂取推奨量は、18才以上女性で650mg。しかし毎日しっかり摂取している人は多くありません。 カルシウムを650mg摂取するためには下の表くらいの食材が必要です。食生活もしっかり意識しましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

MBP®シリーズ
5,463 円(税込)
骨密度を高める働きのあるMBP®40mg配合の、国内唯一(※)のトクホ飲料です。1本で牛乳4本(約800ml)分のMBP®が手軽に摂れます。 すっきり飲みやすいブルーベリー風味の清涼飲料水で、1本あ..
5,463 円(税込)
骨密度を高める働きのあるMBP®40mg配合の、国内唯一(※)のトクホ飲料です。1本で牛乳4本(約800ml)分のMBP®が手軽に摂れます。 すっきり飲みやすいライチ風味の清涼飲料水で、1本あたりわ..
5,463 円(税込)
骨密度を高める働きのあるMBP®40mg配合の、国内唯一(※)のトクホ飲料です。1本で牛乳4本(約800ml)分のMBP®が手軽に摂れます。 すっきり飲みやすいブルーベリー風味の清涼飲料水で、1本あ..
5,463 円(税込)
骨密度を高める働きのあるMBP®40mg配合の、国内唯一(※)のトクホ飲料です。1本で牛乳4本(約800ml)分のMBP®が手軽に摂れます。 すっきり飲みやすいライチ風味の清涼飲料水で、1本あたりわ..
5,127 円(税込)
さわやかなヨーグルト風味のタブレットタイプ。 コンパクトなパッケージで、手軽に持ち運べ、片付けも楽チン。 糖類ゼロ、シュガーレスです。
5,367 円(税込)
お客様の声から誕生した、MBP®40mgと一緒に、骨の材料となるカルシウム150mgと、骨の形成を助けるビタミンD3.0μgが、1日3粒で手軽に摂れる商品です。 お水などで飲み込みやすい小粒タイプ。..
コツコツと骨太な人生を送りたい方へ

MBP®とは?

牛乳に含まれる希少な機能性たんぱく質です。

MBP®とは、希少な機能性たんぱく質です。
牛乳にはたんぱく質が豊富に含まれていますが、そのうちホエイたんぱく質は牛乳全体の0.6%しかありませんこの成分は詳しく解明されていませんでしたが、雪印メグミルクは永年の研究の結果、ホエイたんぱく質の中からMBP®の抽出に成功。まさにMBP®は希少な機能性たんぱく質なのです。

ホエイたんぱく質について

ホエイ(たんぱく質)は、日本語で乳清(にゅうせい)といいます。
例えばヨーグルトから水分が出てくることがありますが、こちらも乳清です。
このホエイについては、昔から栄養価の高いものとして知られていましたが、その成分はあまり詳しく解明されていませんでした。
しかし、雪印メグミルクの研究でMBP®をはじめ、人のからだにさまざまにはたらく成分が含まれていることがわかってきたのです。

ホエイたんぱく質

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨のしくみと役割

私たちのからだを支えている骨。その骨のしくみと役割についてご紹介します。

骨のしくみ

骨は生きています
骨は生きています。

「骨」というと、博物館などに展示されている恐竜の骨や、理科室に置いてある骨格模型などを想像される方も多いと思います。あのような骨を想像すると、「骨は生きています」と言われても、ピンとこないかもしれませんね。
しかし、実際は、骨の内部には細い血管が縦横無尽に張りめぐらされ、骨の細胞がイキイキと活動しています。けがで骨折した骨がまた治って元通りになるのも、骨の細胞が新しい骨をつくってくれるおかげなのです。

骨はカルシウムの固まりではありません

骨は、カルシウムだけでつくられているのではありません。
簡単に言えば、カルシウムと、たんぱく質の一種であるコラーゲンからできています。ちょうど鉄筋コンクリートのような構造だと言ってもよいでしょう。カルシウムがセメント、コラーゲンが鉄筋というわけです。
この図でもわかるとおり、コラーゲンを芯にしてカルシウムをくっつけて、新しい骨をつくっていくのです。

骨はカルシウムの固まりではありません
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。

骨は生きている組織ですか ら、新陳代謝を繰り返し、絶えず新しい骨と入れ替わっています。つまり、骨は毎日少しずつ生まれ変わっているのです。
ヒトの全身の骨が生まれかわる周期は、成人で約3年といわれています。
もちろん私たちが生まれてから、この骨の新陳代謝は年齢に関係なく繰り返されます。

骨の役割

骨には2つの大切な役割があります。<
骨には2つの大切な役割があります。

私たち人間も含めて、陸上で生活する動物の骨には、主に2つの大きな役割があります。
1番目は体を支える役割。私たちが自分の体重に負けず、地上で生活できるのは、じょうぶな骨格のおかげです。
2番目は、カルシウムの貯蔵庫としての役割。人間のあらゆる細胞の機能や神経の伝達などに必要不可欠なカルシウムは血中にあり、また骨にも蓄えられています。
血中のカルシウム濃度は常に一定に保たれる必要があり、そのために不足すると骨から溶かし出され、体の各組織へと運ばれていきます。
逆に、余ったときには骨に蓄えられていくのです。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨が生まれかわるしくみ

骨では、骨をつくる骨芽細胞(こつがさいぼう)と、骨を壊す破骨細胞(はこつさいぼう)がはたらいています。
この2つの細胞が常に活動しながら、毎日少しずつ骨をつくり変えているのです。

骨が生まれ変わるのには理由があります。

骨は生きています

どんどん骨が伸びていく成長期だけではなく、成人でも約3年で骨は生まれ変わります。その理由は2つ。
1つは、人間の生命を維持していくのに欠かせないカルシウムをからだの各組織に送り出すため。
骨はカルシウムを蓄える機能があり、不足すると骨から溶かし出され、余ると骨の中に蓄えます。 つまり、骨は常にカルシウムを出し入れしているので、結果的に生まれ変わるわけです。
2つめは、古くなった骨を若返らせるため。じょうぶな骨も古くなると弾力を失ってもろくなってしまいます。骨は生まれ変わることで、しなやかな強さを維持しているのです。

骨芽細胞の働き

骨芽細胞は骨を作る細胞です。
骨の「鉄筋」にあたるコラーゲンをつくり出し、そこにカルシウムを付着させる「のり」となるたんぱく質を塗っていきます。ここに血液中から運ばれてきたカルシウムが自然に付着していき、新しい骨ができるのです。

破骨細胞の働き

破骨細胞は骨を壊す細胞です。
もともとは血液細胞の一種ですが、それがホルモンの刺激を受けて、骨の中で破骨細胞に分化します。
この破骨細胞は、古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします。溶けたカルシウムは再び血管を通り体内へと運ばれていきます。
しかし破骨細胞は、ホルモン等のバランスがくずれると、時々必要以上のカルシウムを溶かし出してしまうことがあります。特にそれが閉経期以降の女性の場合は、顕著に現れます。

骨が生まれ変わるまで

骨が生まれ変わるまで

年代別 骨のしくみ

成長期
成長期 骨の発育を活発にしましょう

新陳代謝が活発な成長期は、骨はさかんにつくられ、同時に壊されています。しかし骨をつくる力の方が強いため、体は大きくなっていくのです。
この時期は、このはたらきを促進するために食事と運動がとても大切です。
ちなみに、背骨の骨量は20歳頃まで、手足の骨の骨量は30歳頃までは増加するといわれています。

成熟期
成熟期 将来に備え、ころばぬ先の骨づくりを

30代以降は、体が完全にできあがる年代。骨量も最大となります。
また骨をつくる力と壊す力のバランスが取れている時期でもあります。従って、将来の骨量の減少を遅らせるために、バランスのとれた食生活が大切です。

高齢期
更年期以降の高齢期、骨を守りましょう。

年齢を重ねるにつれて、骨量はゆるやかに減少していきます。全体に骨をつくる力も、骨を壊す力も弱まっていきますが、骨を壊す力の方が強い時期になります。
特に女性は50代以降の更年期に、閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、骨量が急激に減少します。
この状態が病的に進行したのが骨粗しょう症です。
特に、20代までにしっかり骨量を上げていなかったり、日々の食事のカルシウム不足が続いていると、骨量も早くから減少してしまいます。
従って骨量の減少をできるだけ遅らせることが非常に大切と考えられます。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

カラダの成長と骨の成長のしくみ

1.成長期のカラダづくりに大切なこと

成長期

成長期は、身長も伸び体重も増える、カラダづくりに大切な時期です。
丈夫なカラダづくりのためには、食生活・運動・睡眠が大切と言われています。

特に食生活については、何を食事から摂るかが大切です。
しっかりとしたカラダづくりには、まず骨の成長が大切。
そして“骨にはカルシウム”だけで良いのでしょうか?カルシウムを摂れば、カラダの成長となるのでしょうか?

2. 子どもの骨の成長期には2つのプロセスが大切

骨の材料をつくり、丈夫な骨にする。この2つのプロセスを繰り返し、しっかりとしたカラダをつくっていきます。
背が伸びるとは、骨が伸びることです。

3.骨の材料をつくる

子どもの骨の両端にある骨端線と呼ばれる場所にある軟骨が増えていき、骨が伸びます。

成長期

軟骨はコラーゲン(たんぱく質)で出来ています。食事から摂るたんぱく質が消化されて出来るアミノ酸がコラーゲンの原材料となり、そして成長ホルモンの働きによりコラーゲンが増えていきます。
この際、ビタミンB群も大切です。たんぱく質をアミノ酸に分解したり、別のアミノ酸に組み替えたりする働きを助けたりします。

4.丈夫な骨をつくる

食事から摂ったカルシウム(などのミネラル)が、骨端で増えた軟らかいコラーゲンに付き固め、強くしっかりとした骨として完成させます。
カルシウムの吸収が進まないと、せっかく、骨の土台となるコラーゲンを作っても骨になりません。カルシウムは体内で合成できないため、食事などから摂るしか方法はありません。しかし、せっかく摂ったカルシウムも骨に取り込まれなければ、排出されてしまいます。
ところが、カルシウムの体内への吸収率は低いとされています。(※)
そのため、カルシウムを効果的に骨に取り込むことが理想的です。カルシウムの吸収にはビタミンDが役立ちます。ビタミンDはカルシウムの運搬係として血液中に取り込むように働きます。
(※)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

5.カラダが大きくなるタイミングに

カラダが大きくなる成長期には、カルシウムだけでなく、ここまでに説明しましたような、骨の成長に役立つさまざまな栄養をバランス良く摂る必要があります。
カラダの骨量は20歳前後がピーク時期とされています。そして、成長期といわれる小学校高学年や中学生世代は、最もカルシウムが必要な時期です。

成長期

食事の量や栄養バランスを工夫され、ぜひお子さまのすこやかな成長を支えてあげてください。
成長期に無理なダイエットをすると栄養不足により、骨が十分につくられなくなります。
三食きちんと食べ、栄養に偏りのあるインスタント食品などは食べ過ぎず、バランスの良い食生活にしましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨にはMBP®+カルシウム

MBP®は牛乳中の微量成分

MBP®は骨に関わる、牛乳中の微量成分として、雪印メグミルクが永年にわたり研究してきました。
この研究成果が実り、MBP®を使用した特定保健用食品の商品も発売することができました。

骨の材料となるカルシウム

実は年齢とともにカルシウムの吸収率は衰えます。せっかく摂ったカルシウムも、骨の材料として有効に利用されない場合があるため、十分に摂る必要があります。

毎日の食事で、どのくらいカルシウムが摂れていますか?

日本人は、慢性的なカルシウム不足だと言われています。カルシウムの摂取推奨量は、18才以上女性で650mg。しかし毎日しっかり摂取している人は多くありません。 カルシウムを650mg摂取するためには下の表くらいの食材が必要です。食生活もしっかり意識しましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

カルシウムシリーズ
1,997 円(税込)
ビタミンD配合、低脂肪(※1)。 吸収率の高いミルク由来のカルシウムを使用。 牛乳の代わりや料理にも使える粉末タイプ。 ※1 牛乳1杯(140ml)よりも低脂肪
1,767 円(税込)
吸収率の高いミルク由来のカルシウムを使用。 ビタミンD配合、低脂肪タイプ。 カルシウムを手軽に摂りたい方におすすめ。飲み込みやすい小粒タイプ。 コンパクトなパッケージで、手軽に持ち運べ、片付けも..

MBP®とは?

牛乳に含まれる希少な機能性たんぱく質です。

MBP®とは、希少な機能性たんぱく質です。
牛乳にはたんぱく質が豊富に含まれていますが、そのうちホエイたんぱく質は牛乳全体の0.6%しかありませんこの成分は詳しく解明されていませんでしたが、雪印メグミルクは永年の研究の結果、ホエイたんぱく質の中からMBP®の抽出に成功。まさにMBP®は希少な機能性たんぱく質なのです。

ホエイたんぱく質について

ホエイ(たんぱく質)は、日本語で乳清(にゅうせい)といいます。
例えばヨーグルトから水分が出てくることがありますが、こちらも乳清です。
このホエイについては、昔から栄養価の高いものとして知られていましたが、その成分はあまり詳しく解明されていませんでした。
しかし、雪印メグミルクの研究でMBP®をはじめ、人のからだにさまざまにはたらく成分が含まれていることがわかってきたのです。

ホエイたんぱく質

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨のしくみと役割

私たちのからだを支えている骨。その骨のしくみと役割についてご紹介します。

骨のしくみ

骨は生きています
骨は生きています。

「骨」というと、博物館などに展示されている恐竜の骨や、理科室に置いてある骨格模型などを想像される方も多いと思います。あのような骨を想像すると、「骨は生きています」と言われても、ピンとこないかもしれませんね。
しかし、実際は、骨の内部には細い血管が縦横無尽に張りめぐらされ、骨の細胞がイキイキと活動しています。けがで骨折した骨がまた治って元通りになるのも、骨の細胞が新しい骨をつくってくれるおかげなのです。

骨はカルシウムの固まりではありません

骨は、カルシウムだけでつくられているのではありません。
簡単に言えば、カルシウムと、たんぱく質の一種であるコラーゲンからできています。ちょうど鉄筋コンクリートのような構造だと言ってもよいでしょう。カルシウムがセメント、コラーゲンが鉄筋というわけです。
この図でもわかるとおり、コラーゲンを芯にしてカルシウムをくっつけて、新しい骨をつくっていくのです。

骨はカルシウムの固まりではありません
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。

骨は生きている組織ですか ら、新陳代謝を繰り返し、絶えず新しい骨と入れ替わっています。つまり、骨は毎日少しずつ生まれ変わっているのです。
ヒトの全身の骨が生まれかわる周期は、成人で約3年といわれています。
もちろん私たちが生まれてから、この骨の新陳代謝は年齢に関係なく繰り返されます。

骨の役割

骨には2つの大切な役割があります。<
骨には2つの大切な役割があります。

私たち人間も含めて、陸上で生活する動物の骨には、主に2つの大きな役割があります。
1番目は体を支える役割。私たちが自分の体重に負けず、地上で生活できるのは、じょうぶな骨格のおかげです。
2番目は、カルシウムの貯蔵庫としての役割。人間のあらゆる細胞の機能や神経の伝達などに必要不可欠なカルシウムは血中にあり、また骨にも蓄えられています。
血中のカルシウム濃度は常に一定に保たれる必要があり、そのために不足すると骨から溶かし出され、体の各組織へと運ばれていきます。
逆に、余ったときには骨に蓄えられていくのです。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨が生まれかわるしくみ

骨では、骨をつくる骨芽細胞(こつがさいぼう)と、骨を壊す破骨細胞(はこつさいぼう)がはたらいています。
この2つの細胞が常に活動しながら、毎日少しずつ骨をつくり変えているのです。

骨が生まれ変わるのには理由があります。

骨は生きています

どんどん骨が伸びていく成長期だけではなく、成人でも約3年で骨は生まれ変わります。その理由は2つ。
1つは、人間の生命を維持していくのに欠かせないカルシウムをからだの各組織に送り出すため。
骨はカルシウムを蓄える機能があり、不足すると骨から溶かし出され、余ると骨の中に蓄えます。 つまり、骨は常にカルシウムを出し入れしているので、結果的に生まれ変わるわけです。
2つめは、古くなった骨を若返らせるため。じょうぶな骨も古くなると弾力を失ってもろくなってしまいます。骨は生まれ変わることで、しなやかな強さを維持しているのです。

骨芽細胞の働き

骨芽細胞は骨を作る細胞です。
骨の「鉄筋」にあたるコラーゲンをつくり出し、そこにカルシウムを付着させる「のり」となるたんぱく質を塗っていきます。ここに血液中から運ばれてきたカルシウムが自然に付着していき、新しい骨ができるのです。

破骨細胞の働き

破骨細胞は骨を壊す細胞です。
もともとは血液細胞の一種ですが、それがホルモンの刺激を受けて、骨の中で破骨細胞に分化します。
この破骨細胞は、古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします。溶けたカルシウムは再び血管を通り体内へと運ばれていきます。
しかし破骨細胞は、ホルモン等のバランスがくずれると、時々必要以上のカルシウムを溶かし出してしまうことがあります。特にそれが閉経期以降の女性の場合は、顕著に現れます。

骨が生まれ変わるまで

骨が生まれ変わるまで

年代別 骨のしくみ

成長期
成長期 骨の発育を活発にしましょう

新陳代謝が活発な成長期は、骨はさかんにつくられ、同時に壊されています。しかし骨をつくる力の方が強いため、体は大きくなっていくのです。
この時期は、このはたらきを促進するために食事と運動がとても大切です。
ちなみに、背骨の骨量は20歳頃まで、手足の骨の骨量は30歳頃までは増加するといわれています。

成熟期
成熟期 将来に備え、ころばぬ先の骨づくりを

30代以降は、体が完全にできあがる年代。骨量も最大となります。
また骨をつくる力と壊す力のバランスが取れている時期でもあります。従って、将来の骨量の減少を遅らせるために、バランスのとれた食生活が大切です。

高齢期
更年期以降の高齢期、骨を守りましょう。

年齢を重ねるにつれて、骨量はゆるやかに減少していきます。全体に骨をつくる力も、骨を壊す力も弱まっていきますが、骨を壊す力の方が強い時期になります。
特に女性は50代以降の更年期に、閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、骨量が急激に減少します。
この状態が病的に進行したのが骨粗しょう症です。
特に、20代までにしっかり骨量を上げていなかったり、日々の食事のカルシウム不足が続いていると、骨量も早くから減少してしまいます。
従って骨量の減少をできるだけ遅らせることが非常に大切と考えられます。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

カラダの成長と骨の成長のしくみ

1.成長期のカラダづくりに大切なこと

成長期

成長期は、身長も伸び体重も増える、カラダづくりに大切な時期です。
丈夫なカラダづくりのためには、食生活・運動・睡眠が大切と言われています。

特に食生活については、何を食事から摂るかが大切です。
しっかりとしたカラダづくりには、まず骨の成長が大切。
そして“骨にはカルシウム”だけで良いのでしょうか?カルシウムを摂れば、カラダの成長となるのでしょうか?

2. 子どもの骨の成長期には2つのプロセスが大切

骨の材料をつくり、丈夫な骨にする。この2つのプロセスを繰り返し、しっかりとしたカラダをつくっていきます。
背が伸びるとは、骨が伸びることです。

3.骨の材料をつくる

子どもの骨の両端にある骨端線と呼ばれる場所にある軟骨が増えていき、骨が伸びます。

成長期

軟骨はコラーゲン(たんぱく質)で出来ています。食事から摂るたんぱく質が消化されて出来るアミノ酸がコラーゲンの原材料となり、そして成長ホルモンの働きによりコラーゲンが増えていきます。
この際、ビタミンB群も大切です。たんぱく質をアミノ酸に分解したり、別のアミノ酸に組み替えたりする働きを助けたりします。

4.丈夫な骨をつくる

食事から摂ったカルシウム(などのミネラル)が、骨端で増えた軟らかいコラーゲンに付き固め、強くしっかりとした骨として完成させます。
カルシウムの吸収が進まないと、せっかく、骨の土台となるコラーゲンを作っても骨になりません。カルシウムは体内で合成できないため、食事などから摂るしか方法はありません。しかし、せっかく摂ったカルシウムも骨に取り込まれなければ、排出されてしまいます。
ところが、カルシウムの体内への吸収率は低いとされています。(※)
そのため、カルシウムを効果的に骨に取り込むことが理想的です。カルシウムの吸収にはビタミンDが役立ちます。ビタミンDはカルシウムの運搬係として血液中に取り込むように働きます。
(※)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

5.カラダが大きくなるタイミングに

カラダが大きくなる成長期には、カルシウムだけでなく、ここまでに説明しましたような、骨の成長に役立つさまざまな栄養をバランス良く摂る必要があります。
カラダの骨量は20歳前後がピーク時期とされています。そして、成長期といわれる小学校高学年や中学生世代は、最もカルシウムが必要な時期です。

成長期

食事の量や栄養バランスを工夫され、ぜひお子さまのすこやかな成長を支えてあげてください。
成長期に無理なダイエットをすると栄養不足により、骨が十分につくられなくなります。
三食きちんと食べ、栄養に偏りのあるインスタント食品などは食べ過ぎず、バランスの良い食生活にしましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨にはMBP®+カルシウム

MBP®は牛乳中の微量成分

MBP®は骨に関わる、牛乳中の微量成分として、雪印メグミルクが永年にわたり研究してきました。
この研究成果が実り、MBP®を使用した特定保健用食品の商品も発売することができました。

骨の材料となるカルシウム

実は年齢とともにカルシウムの吸収率は衰えます。せっかく摂ったカルシウムも、骨の材料として有効に利用されない場合があるため、十分に摂る必要があります。

毎日の食事で、どのくらいカルシウムが摂れていますか?

日本人は、慢性的なカルシウム不足だと言われています。カルシウムの摂取推奨量は、18才以上女性で650mg。しかし毎日しっかり摂取している人は多くありません。 カルシウムを650mg摂取するためには下の表くらいの食材が必要です。食生活もしっかり意識しましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

いきいきと活動的な毎日をサポート
2,610 円(税込)
活動的な毎日に必要な成分を厳選しました。 たった6粒で高純度なグルコサミンとコンドロイチンを摂取できます。 植物由来グルコサミン 1,500mg コンドロイチン硫酸含有サメ軟骨抽出物 100..
2,565 円(税込)
毎日の食事でお魚が不足しがちな方に。1日2粒で230mgのDHA、28mgのEPAを摂取できます。原材料にこだわり、水銀が検出されない魚油※を使用しています。飲み込みやすい小粒のソフトカプセルです。 ..
5,147 円(税込)
お手軽なタブレットタイプとさわやかなグレープフルーツミント味で、継続して摂取しやすいのも魅力。

MBP®とは?

牛乳に含まれる希少な機能性たんぱく質です。

MBP®とは、希少な機能性たんぱく質です。
牛乳にはたんぱく質が豊富に含まれていますが、そのうちホエイたんぱく質は牛乳全体の0.6%しかありませんこの成分は詳しく解明されていませんでしたが、雪印メグミルクは永年の研究の結果、ホエイたんぱく質の中からMBP®の抽出に成功。まさにMBP®は希少な機能性たんぱく質なのです。

ホエイたんぱく質について

ホエイ(たんぱく質)は、日本語で乳清(にゅうせい)といいます。
例えばヨーグルトから水分が出てくることがありますが、こちらも乳清です。
このホエイについては、昔から栄養価の高いものとして知られていましたが、その成分はあまり詳しく解明されていませんでした。
しかし、雪印メグミルクの研究でMBP®をはじめ、人のからだにさまざまにはたらく成分が含まれていることがわかってきたのです。

ホエイたんぱく質

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨のしくみと役割

私たちのからだを支えている骨。その骨のしくみと役割についてご紹介します。

骨のしくみ

骨は生きています
骨は生きています。

「骨」というと、博物館などに展示されている恐竜の骨や、理科室に置いてある骨格模型などを想像される方も多いと思います。あのような骨を想像すると、「骨は生きています」と言われても、ピンとこないかもしれませんね。
しかし、実際は、骨の内部には細い血管が縦横無尽に張りめぐらされ、骨の細胞がイキイキと活動しています。けがで骨折した骨がまた治って元通りになるのも、骨の細胞が新しい骨をつくってくれるおかげなのです。

骨はカルシウムの固まりではありません

骨は、カルシウムだけでつくられているのではありません。
簡単に言えば、カルシウムと、たんぱく質の一種であるコラーゲンからできています。ちょうど鉄筋コンクリートのような構造だと言ってもよいでしょう。カルシウムがセメント、コラーゲンが鉄筋というわけです。
この図でもわかるとおり、コラーゲンを芯にしてカルシウムをくっつけて、新しい骨をつくっていくのです。

骨はカルシウムの固まりではありません
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。

骨は生きている組織ですか ら、新陳代謝を繰り返し、絶えず新しい骨と入れ替わっています。つまり、骨は毎日少しずつ生まれ変わっているのです。
ヒトの全身の骨が生まれかわる周期は、成人で約3年といわれています。
もちろん私たちが生まれてから、この骨の新陳代謝は年齢に関係なく繰り返されます。

骨の役割

骨には2つの大切な役割があります。<
骨には2つの大切な役割があります。

私たち人間も含めて、陸上で生活する動物の骨には、主に2つの大きな役割があります。
1番目は体を支える役割。私たちが自分の体重に負けず、地上で生活できるのは、じょうぶな骨格のおかげです。
2番目は、カルシウムの貯蔵庫としての役割。人間のあらゆる細胞の機能や神経の伝達などに必要不可欠なカルシウムは血中にあり、また骨にも蓄えられています。
血中のカルシウム濃度は常に一定に保たれる必要があり、そのために不足すると骨から溶かし出され、体の各組織へと運ばれていきます。
逆に、余ったときには骨に蓄えられていくのです。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨が生まれかわるしくみ

骨では、骨をつくる骨芽細胞(こつがさいぼう)と、骨を壊す破骨細胞(はこつさいぼう)がはたらいています。
この2つの細胞が常に活動しながら、毎日少しずつ骨をつくり変えているのです。

骨が生まれ変わるのには理由があります。

骨は生きています

どんどん骨が伸びていく成長期だけではなく、成人でも約3年で骨は生まれ変わります。その理由は2つ。
1つは、人間の生命を維持していくのに欠かせないカルシウムをからだの各組織に送り出すため。
骨はカルシウムを蓄える機能があり、不足すると骨から溶かし出され、余ると骨の中に蓄えます。 つまり、骨は常にカルシウムを出し入れしているので、結果的に生まれ変わるわけです。
2つめは、古くなった骨を若返らせるため。じょうぶな骨も古くなると弾力を失ってもろくなってしまいます。骨は生まれ変わることで、しなやかな強さを維持しているのです。

骨芽細胞の働き

骨芽細胞は骨を作る細胞です。
骨の「鉄筋」にあたるコラーゲンをつくり出し、そこにカルシウムを付着させる「のり」となるたんぱく質を塗っていきます。ここに血液中から運ばれてきたカルシウムが自然に付着していき、新しい骨ができるのです。

破骨細胞の働き

破骨細胞は骨を壊す細胞です。
もともとは血液細胞の一種ですが、それがホルモンの刺激を受けて、骨の中で破骨細胞に分化します。
この破骨細胞は、古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします。溶けたカルシウムは再び血管を通り体内へと運ばれていきます。
しかし破骨細胞は、ホルモン等のバランスがくずれると、時々必要以上のカルシウムを溶かし出してしまうことがあります。特にそれが閉経期以降の女性の場合は、顕著に現れます。

骨が生まれ変わるまで

骨が生まれ変わるまで

年代別 骨のしくみ

成長期
成長期 骨の発育を活発にしましょう

新陳代謝が活発な成長期は、骨はさかんにつくられ、同時に壊されています。しかし骨をつくる力の方が強いため、体は大きくなっていくのです。
この時期は、このはたらきを促進するために食事と運動がとても大切です。
ちなみに、背骨の骨量は20歳頃まで、手足の骨の骨量は30歳頃までは増加するといわれています。

成熟期
成熟期 将来に備え、ころばぬ先の骨づくりを

30代以降は、体が完全にできあがる年代。骨量も最大となります。
また骨をつくる力と壊す力のバランスが取れている時期でもあります。従って、将来の骨量の減少を遅らせるために、バランスのとれた食生活が大切です。

高齢期
更年期以降の高齢期、骨を守りましょう。

年齢を重ねるにつれて、骨量はゆるやかに減少していきます。全体に骨をつくる力も、骨を壊す力も弱まっていきますが、骨を壊す力の方が強い時期になります。
特に女性は50代以降の更年期に、閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、骨量が急激に減少します。
この状態が病的に進行したのが骨粗しょう症です。
特に、20代までにしっかり骨量を上げていなかったり、日々の食事のカルシウム不足が続いていると、骨量も早くから減少してしまいます。
従って骨量の減少をできるだけ遅らせることが非常に大切と考えられます。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

カラダの成長と骨の成長のしくみ

1.成長期のカラダづくりに大切なこと

成長期

成長期は、身長も伸び体重も増える、カラダづくりに大切な時期です。
丈夫なカラダづくりのためには、食生活・運動・睡眠が大切と言われています。

特に食生活については、何を食事から摂るかが大切です。
しっかりとしたカラダづくりには、まず骨の成長が大切。
そして“骨にはカルシウム”だけで良いのでしょうか?カルシウムを摂れば、カラダの成長となるのでしょうか?

2. 子どもの骨の成長期には2つのプロセスが大切

骨の材料をつくり、丈夫な骨にする。この2つのプロセスを繰り返し、しっかりとしたカラダをつくっていきます。
背が伸びるとは、骨が伸びることです。

3.骨の材料をつくる

子どもの骨の両端にある骨端線と呼ばれる場所にある軟骨が増えていき、骨が伸びます。

成長期

軟骨はコラーゲン(たんぱく質)で出来ています。食事から摂るたんぱく質が消化されて出来るアミノ酸がコラーゲンの原材料となり、そして成長ホルモンの働きによりコラーゲンが増えていきます。
この際、ビタミンB群も大切です。たんぱく質をアミノ酸に分解したり、別のアミノ酸に組み替えたりする働きを助けたりします。

4.丈夫な骨をつくる

食事から摂ったカルシウム(などのミネラル)が、骨端で増えた軟らかいコラーゲンに付き固め、強くしっかりとした骨として完成させます。
カルシウムの吸収が進まないと、せっかく、骨の土台となるコラーゲンを作っても骨になりません。カルシウムは体内で合成できないため、食事などから摂るしか方法はありません。しかし、せっかく摂ったカルシウムも骨に取り込まれなければ、排出されてしまいます。
ところが、カルシウムの体内への吸収率は低いとされています。(※)
そのため、カルシウムを効果的に骨に取り込むことが理想的です。カルシウムの吸収にはビタミンDが役立ちます。ビタミンDはカルシウムの運搬係として血液中に取り込むように働きます。
(※)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

5.カラダが大きくなるタイミングに

カラダが大きくなる成長期には、カルシウムだけでなく、ここまでに説明しましたような、骨の成長に役立つさまざまな栄養をバランス良く摂る必要があります。
カラダの骨量は20歳前後がピーク時期とされています。そして、成長期といわれる小学校高学年や中学生世代は、最もカルシウムが必要な時期です。

成長期

食事の量や栄養バランスを工夫され、ぜひお子さまのすこやかな成長を支えてあげてください。
成長期に無理なダイエットをすると栄養不足により、骨が十分につくられなくなります。
三食きちんと食べ、栄養に偏りのあるインスタント食品などは食べ過ぎず、バランスの良い食生活にしましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨にはMBP®+カルシウム

MBP®は牛乳中の微量成分

MBP®は骨に関わる、牛乳中の微量成分として、雪印メグミルクが永年にわたり研究してきました。
この研究成果が実り、MBP®を使用した特定保健用食品の商品も発売することができました。

骨の材料となるカルシウム

実は年齢とともにカルシウムの吸収率は衰えます。せっかく摂ったカルシウムも、骨の材料として有効に利用されない場合があるため、十分に摂る必要があります。

毎日の食事で、どのくらいカルシウムが摂れていますか?

日本人は、慢性的なカルシウム不足だと言われています。カルシウムの摂取推奨量は、18才以上女性で650mg。しかし毎日しっかり摂取している人は多くありません。 カルシウムを650mg摂取するためには下の表くらいの食材が必要です。食生活もしっかり意識しましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

記憶力の低下が気になる方へ
6,330 円(税込)
認知機能の一部である記憶力(言葉を思い出す力)を維持する機能が報告されているPS(大豆由来ホスファチジルセリン)と、判断の正確さを向上させることが報告されているイチョウ葉由来フラボノイド配糖体及びイチ..
ポイントプログラムのプレゼント品一覧

MBP®とは?

牛乳に含まれる希少な機能性たんぱく質です。

MBP®とは、希少な機能性たんぱく質です。
牛乳にはたんぱく質が豊富に含まれていますが、そのうちホエイたんぱく質は牛乳全体の0.6%しかありませんこの成分は詳しく解明されていませんでしたが、雪印メグミルクは永年の研究の結果、ホエイたんぱく質の中からMBP®の抽出に成功。まさにMBP®は希少な機能性たんぱく質なのです。

ホエイたんぱく質について

ホエイ(たんぱく質)は、日本語で乳清(にゅうせい)といいます。
例えばヨーグルトから水分が出てくることがありますが、こちらも乳清です。
このホエイについては、昔から栄養価の高いものとして知られていましたが、その成分はあまり詳しく解明されていませんでした。
しかし、雪印メグミルクの研究でMBP®をはじめ、人のからだにさまざまにはたらく成分が含まれていることがわかってきたのです。

ホエイたんぱく質

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨のしくみと役割

私たちのからだを支えている骨。その骨のしくみと役割についてご紹介します。

骨のしくみ

骨は生きています
骨は生きています。

「骨」というと、博物館などに展示されている恐竜の骨や、理科室に置いてある骨格模型などを想像される方も多いと思います。あのような骨を想像すると、「骨は生きています」と言われても、ピンとこないかもしれませんね。
しかし、実際は、骨の内部には細い血管が縦横無尽に張りめぐらされ、骨の細胞がイキイキと活動しています。けがで骨折した骨がまた治って元通りになるのも、骨の細胞が新しい骨をつくってくれるおかげなのです。

骨はカルシウムの固まりではありません

骨は、カルシウムだけでつくられているのではありません。
簡単に言えば、カルシウムと、たんぱく質の一種であるコラーゲンからできています。ちょうど鉄筋コンクリートのような構造だと言ってもよいでしょう。カルシウムがセメント、コラーゲンが鉄筋というわけです。
この図でもわかるとおり、コラーゲンを芯にしてカルシウムをくっつけて、新しい骨をつくっていくのです。

骨はカルシウムの固まりではありません
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。

骨は生きている組織ですか ら、新陳代謝を繰り返し、絶えず新しい骨と入れ替わっています。つまり、骨は毎日少しずつ生まれ変わっているのです。
ヒトの全身の骨が生まれかわる周期は、成人で約3年といわれています。
もちろん私たちが生まれてから、この骨の新陳代謝は年齢に関係なく繰り返されます。

骨の役割

骨には2つの大切な役割があります。<
骨には2つの大切な役割があります。

私たち人間も含めて、陸上で生活する動物の骨には、主に2つの大きな役割があります。
1番目は体を支える役割。私たちが自分の体重に負けず、地上で生活できるのは、じょうぶな骨格のおかげです。
2番目は、カルシウムの貯蔵庫としての役割。人間のあらゆる細胞の機能や神経の伝達などに必要不可欠なカルシウムは血中にあり、また骨にも蓄えられています。
血中のカルシウム濃度は常に一定に保たれる必要があり、そのために不足すると骨から溶かし出され、体の各組織へと運ばれていきます。
逆に、余ったときには骨に蓄えられていくのです。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨が生まれかわるしくみ

骨では、骨をつくる骨芽細胞(こつがさいぼう)と、骨を壊す破骨細胞(はこつさいぼう)がはたらいています。
この2つの細胞が常に活動しながら、毎日少しずつ骨をつくり変えているのです。

骨が生まれ変わるのには理由があります。

骨は生きています

どんどん骨が伸びていく成長期だけではなく、成人でも約3年で骨は生まれ変わります。その理由は2つ。
1つは、人間の生命を維持していくのに欠かせないカルシウムをからだの各組織に送り出すため。
骨はカルシウムを蓄える機能があり、不足すると骨から溶かし出され、余ると骨の中に蓄えます。 つまり、骨は常にカルシウムを出し入れしているので、結果的に生まれ変わるわけです。
2つめは、古くなった骨を若返らせるため。じょうぶな骨も古くなると弾力を失ってもろくなってしまいます。骨は生まれ変わることで、しなやかな強さを維持しているのです。

骨芽細胞の働き

骨芽細胞は骨を作る細胞です。
骨の「鉄筋」にあたるコラーゲンをつくり出し、そこにカルシウムを付着させる「のり」となるたんぱく質を塗っていきます。ここに血液中から運ばれてきたカルシウムが自然に付着していき、新しい骨ができるのです。

破骨細胞の働き

破骨細胞は骨を壊す細胞です。
もともとは血液細胞の一種ですが、それがホルモンの刺激を受けて、骨の中で破骨細胞に分化します。
この破骨細胞は、古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします。溶けたカルシウムは再び血管を通り体内へと運ばれていきます。
しかし破骨細胞は、ホルモン等のバランスがくずれると、時々必要以上のカルシウムを溶かし出してしまうことがあります。特にそれが閉経期以降の女性の場合は、顕著に現れます。

骨が生まれ変わるまで

骨が生まれ変わるまで

年代別 骨のしくみ

成長期
成長期 骨の発育を活発にしましょう

新陳代謝が活発な成長期は、骨はさかんにつくられ、同時に壊されています。しかし骨をつくる力の方が強いため、体は大きくなっていくのです。
この時期は、このはたらきを促進するために食事と運動がとても大切です。
ちなみに、背骨の骨量は20歳頃まで、手足の骨の骨量は30歳頃までは増加するといわれています。

成熟期
成熟期 将来に備え、ころばぬ先の骨づくりを

30代以降は、体が完全にできあがる年代。骨量も最大となります。
また骨をつくる力と壊す力のバランスが取れている時期でもあります。従って、将来の骨量の減少を遅らせるために、バランスのとれた食生活が大切です。

高齢期
更年期以降の高齢期、骨を守りましょう。

年齢を重ねるにつれて、骨量はゆるやかに減少していきます。全体に骨をつくる力も、骨を壊す力も弱まっていきますが、骨を壊す力の方が強い時期になります。
特に女性は50代以降の更年期に、閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、骨量が急激に減少します。
この状態が病的に進行したのが骨粗しょう症です。
特に、20代までにしっかり骨量を上げていなかったり、日々の食事のカルシウム不足が続いていると、骨量も早くから減少してしまいます。
従って骨量の減少をできるだけ遅らせることが非常に大切と考えられます。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

カラダの成長と骨の成長のしくみ

1.成長期のカラダづくりに大切なこと

成長期

成長期は、身長も伸び体重も増える、カラダづくりに大切な時期です。
丈夫なカラダづくりのためには、食生活・運動・睡眠が大切と言われています。

特に食生活については、何を食事から摂るかが大切です。
しっかりとしたカラダづくりには、まず骨の成長が大切。
そして“骨にはカルシウム”だけで良いのでしょうか?カルシウムを摂れば、カラダの成長となるのでしょうか?

2. 子どもの骨の成長期には2つのプロセスが大切

骨の材料をつくり、丈夫な骨にする。この2つのプロセスを繰り返し、しっかりとしたカラダをつくっていきます。
背が伸びるとは、骨が伸びることです。

3.骨の材料をつくる

子どもの骨の両端にある骨端線と呼ばれる場所にある軟骨が増えていき、骨が伸びます。

成長期

軟骨はコラーゲン(たんぱく質)で出来ています。食事から摂るたんぱく質が消化されて出来るアミノ酸がコラーゲンの原材料となり、そして成長ホルモンの働きによりコラーゲンが増えていきます。
この際、ビタミンB群も大切です。たんぱく質をアミノ酸に分解したり、別のアミノ酸に組み替えたりする働きを助けたりします。

4.丈夫な骨をつくる

食事から摂ったカルシウム(などのミネラル)が、骨端で増えた軟らかいコラーゲンに付き固め、強くしっかりとした骨として完成させます。
カルシウムの吸収が進まないと、せっかく、骨の土台となるコラーゲンを作っても骨になりません。カルシウムは体内で合成できないため、食事などから摂るしか方法はありません。しかし、せっかく摂ったカルシウムも骨に取り込まれなければ、排出されてしまいます。
ところが、カルシウムの体内への吸収率は低いとされています。(※)
そのため、カルシウムを効果的に骨に取り込むことが理想的です。カルシウムの吸収にはビタミンDが役立ちます。ビタミンDはカルシウムの運搬係として血液中に取り込むように働きます。
(※)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

5.カラダが大きくなるタイミングに

カラダが大きくなる成長期には、カルシウムだけでなく、ここまでに説明しましたような、骨の成長に役立つさまざまな栄養をバランス良く摂る必要があります。
カラダの骨量は20歳前後がピーク時期とされています。そして、成長期といわれる小学校高学年や中学生世代は、最もカルシウムが必要な時期です。

成長期

食事の量や栄養バランスを工夫され、ぜひお子さまのすこやかな成長を支えてあげてください。
成長期に無理なダイエットをすると栄養不足により、骨が十分につくられなくなります。
三食きちんと食べ、栄養に偏りのあるインスタント食品などは食べ過ぎず、バランスの良い食生活にしましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨にはMBP®+カルシウム

MBP®は牛乳中の微量成分

MBP®は骨に関わる、牛乳中の微量成分として、雪印メグミルクが永年にわたり研究してきました。
この研究成果が実り、MBP®を使用した特定保健用食品の商品も発売することができました。

骨の材料となるカルシウム

実は年齢とともにカルシウムの吸収率は衰えます。せっかく摂ったカルシウムも、骨の材料として有効に利用されない場合があるため、十分に摂る必要があります。

毎日の食事で、どのくらいカルシウムが摂れていますか?

日本人は、慢性的なカルシウム不足だと言われています。カルシウムの摂取推奨量は、18才以上女性で650mg。しかし毎日しっかり摂取している人は多くありません。 カルシウムを650mg摂取するためには下の表くらいの食材が必要です。食生活もしっかり意識しましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

3000ポイント
3,000 ポイント
人気のチーズや新商品などを詰め合わせにした、雪印メグミルクオリジナルのセットをお届けいたします。 ※引換券(申込ハガキ)のお届けとなります。(ハガキに必要事項をご記入の上、ポストへご投函ください..
3,000 ポイント
置き場所に困らないコンパクトな温湿度計!大画面で温度・湿度を大きく表示。熱中症・インフルエンザの危険度の目安をマークで表示。置いたり壁に掛けても使用可能。 サイズ:幅約 8.1×奥行き1.7×高..
3,000 ポイント
カーボンを使用した軽くてスリムな折り畳み傘です。生地にはっ水・防水加工と、紫外線防止加工(紫外線遮蔽率96%以上)を施してあり晴雨兼用傘として毎日お使い頂けます。男性でも女性でも使いやすい親骨60㎝、..
3,000 ポイント
ステンレス真空断熱構造で、温かいスープなら保温、冷たいサラダやフルーツなら保冷しながら持ち運べます。便利な折りたたみ式のスプーン付きです。ふたを開けやすくするためのエア弁も付いています。 容量:..
3,000 ポイント
次回お届け予定の定期コース、または新たに商品をご購入いただく際の代金としてご利用いただける割引クーポンです。 マイページ、もしくはカート画面から簡単にご利用いただけます。 ●ご購入1回につき、..
ポイントプログラムのプレゼント品一覧

MBP®とは?

牛乳に含まれる希少な機能性たんぱく質です。

MBP®とは、希少な機能性たんぱく質です。
牛乳にはたんぱく質が豊富に含まれていますが、そのうちホエイたんぱく質は牛乳全体の0.6%しかありませんこの成分は詳しく解明されていませんでしたが、雪印メグミルクは永年の研究の結果、ホエイたんぱく質の中からMBP®の抽出に成功。まさにMBP®は希少な機能性たんぱく質なのです。

ホエイたんぱく質について

ホエイ(たんぱく質)は、日本語で乳清(にゅうせい)といいます。
例えばヨーグルトから水分が出てくることがありますが、こちらも乳清です。
このホエイについては、昔から栄養価の高いものとして知られていましたが、その成分はあまり詳しく解明されていませんでした。
しかし、雪印メグミルクの研究でMBP®をはじめ、人のからだにさまざまにはたらく成分が含まれていることがわかってきたのです。

ホエイたんぱく質

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨のしくみと役割

私たちのからだを支えている骨。その骨のしくみと役割についてご紹介します。

骨のしくみ

骨は生きています
骨は生きています。

「骨」というと、博物館などに展示されている恐竜の骨や、理科室に置いてある骨格模型などを想像される方も多いと思います。あのような骨を想像すると、「骨は生きています」と言われても、ピンとこないかもしれませんね。
しかし、実際は、骨の内部には細い血管が縦横無尽に張りめぐらされ、骨の細胞がイキイキと活動しています。けがで骨折した骨がまた治って元通りになるのも、骨の細胞が新しい骨をつくってくれるおかげなのです。

骨はカルシウムの固まりではありません

骨は、カルシウムだけでつくられているのではありません。
簡単に言えば、カルシウムと、たんぱく質の一種であるコラーゲンからできています。ちょうど鉄筋コンクリートのような構造だと言ってもよいでしょう。カルシウムがセメント、コラーゲンが鉄筋というわけです。
この図でもわかるとおり、コラーゲンを芯にしてカルシウムをくっつけて、新しい骨をつくっていくのです。

骨はカルシウムの固まりではありません
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。

骨は生きている組織ですか ら、新陳代謝を繰り返し、絶えず新しい骨と入れ替わっています。つまり、骨は毎日少しずつ生まれ変わっているのです。
ヒトの全身の骨が生まれかわる周期は、成人で約3年といわれています。
もちろん私たちが生まれてから、この骨の新陳代謝は年齢に関係なく繰り返されます。

骨の役割

骨には2つの大切な役割があります。<
骨には2つの大切な役割があります。

私たち人間も含めて、陸上で生活する動物の骨には、主に2つの大きな役割があります。
1番目は体を支える役割。私たちが自分の体重に負けず、地上で生活できるのは、じょうぶな骨格のおかげです。
2番目は、カルシウムの貯蔵庫としての役割。人間のあらゆる細胞の機能や神経の伝達などに必要不可欠なカルシウムは血中にあり、また骨にも蓄えられています。
血中のカルシウム濃度は常に一定に保たれる必要があり、そのために不足すると骨から溶かし出され、体の各組織へと運ばれていきます。
逆に、余ったときには骨に蓄えられていくのです。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨が生まれかわるしくみ

骨では、骨をつくる骨芽細胞(こつがさいぼう)と、骨を壊す破骨細胞(はこつさいぼう)がはたらいています。
この2つの細胞が常に活動しながら、毎日少しずつ骨をつくり変えているのです。

骨が生まれ変わるのには理由があります。

骨は生きています

どんどん骨が伸びていく成長期だけではなく、成人でも約3年で骨は生まれ変わります。その理由は2つ。
1つは、人間の生命を維持していくのに欠かせないカルシウムをからだの各組織に送り出すため。
骨はカルシウムを蓄える機能があり、不足すると骨から溶かし出され、余ると骨の中に蓄えます。 つまり、骨は常にカルシウムを出し入れしているので、結果的に生まれ変わるわけです。
2つめは、古くなった骨を若返らせるため。じょうぶな骨も古くなると弾力を失ってもろくなってしまいます。骨は生まれ変わることで、しなやかな強さを維持しているのです。

骨芽細胞の働き

骨芽細胞は骨を作る細胞です。
骨の「鉄筋」にあたるコラーゲンをつくり出し、そこにカルシウムを付着させる「のり」となるたんぱく質を塗っていきます。ここに血液中から運ばれてきたカルシウムが自然に付着していき、新しい骨ができるのです。

破骨細胞の働き

破骨細胞は骨を壊す細胞です。
もともとは血液細胞の一種ですが、それがホルモンの刺激を受けて、骨の中で破骨細胞に分化します。
この破骨細胞は、古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします。溶けたカルシウムは再び血管を通り体内へと運ばれていきます。
しかし破骨細胞は、ホルモン等のバランスがくずれると、時々必要以上のカルシウムを溶かし出してしまうことがあります。特にそれが閉経期以降の女性の場合は、顕著に現れます。

骨が生まれ変わるまで

骨が生まれ変わるまで

年代別 骨のしくみ

成長期
成長期 骨の発育を活発にしましょう

新陳代謝が活発な成長期は、骨はさかんにつくられ、同時に壊されています。しかし骨をつくる力の方が強いため、体は大きくなっていくのです。
この時期は、このはたらきを促進するために食事と運動がとても大切です。
ちなみに、背骨の骨量は20歳頃まで、手足の骨の骨量は30歳頃までは増加するといわれています。

成熟期
成熟期 将来に備え、ころばぬ先の骨づくりを

30代以降は、体が完全にできあがる年代。骨量も最大となります。
また骨をつくる力と壊す力のバランスが取れている時期でもあります。従って、将来の骨量の減少を遅らせるために、バランスのとれた食生活が大切です。

高齢期
更年期以降の高齢期、骨を守りましょう。

年齢を重ねるにつれて、骨量はゆるやかに減少していきます。全体に骨をつくる力も、骨を壊す力も弱まっていきますが、骨を壊す力の方が強い時期になります。
特に女性は50代以降の更年期に、閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、骨量が急激に減少します。
この状態が病的に進行したのが骨粗しょう症です。
特に、20代までにしっかり骨量を上げていなかったり、日々の食事のカルシウム不足が続いていると、骨量も早くから減少してしまいます。
従って骨量の減少をできるだけ遅らせることが非常に大切と考えられます。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

カラダの成長と骨の成長のしくみ

1.成長期のカラダづくりに大切なこと

成長期

成長期は、身長も伸び体重も増える、カラダづくりに大切な時期です。
丈夫なカラダづくりのためには、食生活・運動・睡眠が大切と言われています。

特に食生活については、何を食事から摂るかが大切です。
しっかりとしたカラダづくりには、まず骨の成長が大切。
そして“骨にはカルシウム”だけで良いのでしょうか?カルシウムを摂れば、カラダの成長となるのでしょうか?

2. 子どもの骨の成長期には2つのプロセスが大切

骨の材料をつくり、丈夫な骨にする。この2つのプロセスを繰り返し、しっかりとしたカラダをつくっていきます。
背が伸びるとは、骨が伸びることです。

3.骨の材料をつくる

子どもの骨の両端にある骨端線と呼ばれる場所にある軟骨が増えていき、骨が伸びます。

成長期

軟骨はコラーゲン(たんぱく質)で出来ています。食事から摂るたんぱく質が消化されて出来るアミノ酸がコラーゲンの原材料となり、そして成長ホルモンの働きによりコラーゲンが増えていきます。
この際、ビタミンB群も大切です。たんぱく質をアミノ酸に分解したり、別のアミノ酸に組み替えたりする働きを助けたりします。

4.丈夫な骨をつくる

食事から摂ったカルシウム(などのミネラル)が、骨端で増えた軟らかいコラーゲンに付き固め、強くしっかりとした骨として完成させます。
カルシウムの吸収が進まないと、せっかく、骨の土台となるコラーゲンを作っても骨になりません。カルシウムは体内で合成できないため、食事などから摂るしか方法はありません。しかし、せっかく摂ったカルシウムも骨に取り込まれなければ、排出されてしまいます。
ところが、カルシウムの体内への吸収率は低いとされています。(※)
そのため、カルシウムを効果的に骨に取り込むことが理想的です。カルシウムの吸収にはビタミンDが役立ちます。ビタミンDはカルシウムの運搬係として血液中に取り込むように働きます。
(※)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

5.カラダが大きくなるタイミングに

カラダが大きくなる成長期には、カルシウムだけでなく、ここまでに説明しましたような、骨の成長に役立つさまざまな栄養をバランス良く摂る必要があります。
カラダの骨量は20歳前後がピーク時期とされています。そして、成長期といわれる小学校高学年や中学生世代は、最もカルシウムが必要な時期です。

成長期

食事の量や栄養バランスを工夫され、ぜひお子さまのすこやかな成長を支えてあげてください。
成長期に無理なダイエットをすると栄養不足により、骨が十分につくられなくなります。
三食きちんと食べ、栄養に偏りのあるインスタント食品などは食べ過ぎず、バランスの良い食生活にしましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨にはMBP®+カルシウム

MBP®は牛乳中の微量成分

MBP®は骨に関わる、牛乳中の微量成分として、雪印メグミルクが永年にわたり研究してきました。
この研究成果が実り、MBP®を使用した特定保健用食品の商品も発売することができました。

骨の材料となるカルシウム

実は年齢とともにカルシウムの吸収率は衰えます。せっかく摂ったカルシウムも、骨の材料として有効に利用されない場合があるため、十分に摂る必要があります。

毎日の食事で、どのくらいカルシウムが摂れていますか?

日本人は、慢性的なカルシウム不足だと言われています。カルシウムの摂取推奨量は、18才以上女性で650mg。しかし毎日しっかり摂取している人は多くありません。 カルシウムを650mg摂取するためには下の表くらいの食材が必要です。食生活もしっかり意識しましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

5000ポイント
5,000 ポイント
人気ブランドや体験ギフトのほか、国産黒毛和牛すき焼きセットやマカロンなど、ハイセンスな商品を幅広く取り揃えています。 掲載点数 約650点 ※シーズン途中で表紙・内容等が変更になる場合がござい..
5,000 ポイント
次回お届け予定の定期コース、または新たに商品をご購入いただく際の代金としてご利用いただける割引クーポンです。 マイページ、もしくはカート画面から簡単にご利用いただけます。 ●ご購入1回につき、..
ポイントプログラムのプレゼント品一覧

MBP®とは?

牛乳に含まれる希少な機能性たんぱく質です。

MBP®とは、希少な機能性たんぱく質です。
牛乳にはたんぱく質が豊富に含まれていますが、そのうちホエイたんぱく質は牛乳全体の0.6%しかありませんこの成分は詳しく解明されていませんでしたが、雪印メグミルクは永年の研究の結果、ホエイたんぱく質の中からMBP®の抽出に成功。まさにMBP®は希少な機能性たんぱく質なのです。

ホエイたんぱく質について

ホエイ(たんぱく質)は、日本語で乳清(にゅうせい)といいます。
例えばヨーグルトから水分が出てくることがありますが、こちらも乳清です。
このホエイについては、昔から栄養価の高いものとして知られていましたが、その成分はあまり詳しく解明されていませんでした。
しかし、雪印メグミルクの研究でMBP®をはじめ、人のからだにさまざまにはたらく成分が含まれていることがわかってきたのです。

ホエイたんぱく質

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨のしくみと役割

私たちのからだを支えている骨。その骨のしくみと役割についてご紹介します。

骨のしくみ

骨は生きています
骨は生きています。

「骨」というと、博物館などに展示されている恐竜の骨や、理科室に置いてある骨格模型などを想像される方も多いと思います。あのような骨を想像すると、「骨は生きています」と言われても、ピンとこないかもしれませんね。
しかし、実際は、骨の内部には細い血管が縦横無尽に張りめぐらされ、骨の細胞がイキイキと活動しています。けがで骨折した骨がまた治って元通りになるのも、骨の細胞が新しい骨をつくってくれるおかげなのです。

骨はカルシウムの固まりではありません

骨は、カルシウムだけでつくられているのではありません。
簡単に言えば、カルシウムと、たんぱく質の一種であるコラーゲンからできています。ちょうど鉄筋コンクリートのような構造だと言ってもよいでしょう。カルシウムがセメント、コラーゲンが鉄筋というわけです。
この図でもわかるとおり、コラーゲンを芯にしてカルシウムをくっつけて、新しい骨をつくっていくのです。

骨はカルシウムの固まりではありません
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。
骨は毎日少しずつ、生まれ変わっています。

骨は生きている組織ですか ら、新陳代謝を繰り返し、絶えず新しい骨と入れ替わっています。つまり、骨は毎日少しずつ生まれ変わっているのです。
ヒトの全身の骨が生まれかわる周期は、成人で約3年といわれています。
もちろん私たちが生まれてから、この骨の新陳代謝は年齢に関係なく繰り返されます。

骨の役割

骨には2つの大切な役割があります。<
骨には2つの大切な役割があります。

私たち人間も含めて、陸上で生活する動物の骨には、主に2つの大きな役割があります。
1番目は体を支える役割。私たちが自分の体重に負けず、地上で生活できるのは、じょうぶな骨格のおかげです。
2番目は、カルシウムの貯蔵庫としての役割。人間のあらゆる細胞の機能や神経の伝達などに必要不可欠なカルシウムは血中にあり、また骨にも蓄えられています。
血中のカルシウム濃度は常に一定に保たれる必要があり、そのために不足すると骨から溶かし出され、体の各組織へと運ばれていきます。
逆に、余ったときには骨に蓄えられていくのです。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨が生まれかわるしくみ

骨では、骨をつくる骨芽細胞(こつがさいぼう)と、骨を壊す破骨細胞(はこつさいぼう)がはたらいています。
この2つの細胞が常に活動しながら、毎日少しずつ骨をつくり変えているのです。

骨が生まれ変わるのには理由があります。

骨は生きています

どんどん骨が伸びていく成長期だけではなく、成人でも約3年で骨は生まれ変わります。その理由は2つ。
1つは、人間の生命を維持していくのに欠かせないカルシウムをからだの各組織に送り出すため。
骨はカルシウムを蓄える機能があり、不足すると骨から溶かし出され、余ると骨の中に蓄えます。 つまり、骨は常にカルシウムを出し入れしているので、結果的に生まれ変わるわけです。
2つめは、古くなった骨を若返らせるため。じょうぶな骨も古くなると弾力を失ってもろくなってしまいます。骨は生まれ変わることで、しなやかな強さを維持しているのです。

骨芽細胞の働き

骨芽細胞は骨を作る細胞です。
骨の「鉄筋」にあたるコラーゲンをつくり出し、そこにカルシウムを付着させる「のり」となるたんぱく質を塗っていきます。ここに血液中から運ばれてきたカルシウムが自然に付着していき、新しい骨ができるのです。

破骨細胞の働き

破骨細胞は骨を壊す細胞です。
もともとは血液細胞の一種ですが、それがホルモンの刺激を受けて、骨の中で破骨細胞に分化します。
この破骨細胞は、古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かします。溶けたカルシウムは再び血管を通り体内へと運ばれていきます。
しかし破骨細胞は、ホルモン等のバランスがくずれると、時々必要以上のカルシウムを溶かし出してしまうことがあります。特にそれが閉経期以降の女性の場合は、顕著に現れます。

骨が生まれ変わるまで

骨が生まれ変わるまで

年代別 骨のしくみ

成長期
成長期 骨の発育を活発にしましょう

新陳代謝が活発な成長期は、骨はさかんにつくられ、同時に壊されています。しかし骨をつくる力の方が強いため、体は大きくなっていくのです。
この時期は、このはたらきを促進するために食事と運動がとても大切です。
ちなみに、背骨の骨量は20歳頃まで、手足の骨の骨量は30歳頃までは増加するといわれています。

成熟期
成熟期 将来に備え、ころばぬ先の骨づくりを

30代以降は、体が完全にできあがる年代。骨量も最大となります。
また骨をつくる力と壊す力のバランスが取れている時期でもあります。従って、将来の骨量の減少を遅らせるために、バランスのとれた食生活が大切です。

高齢期
更年期以降の高齢期、骨を守りましょう。

年齢を重ねるにつれて、骨量はゆるやかに減少していきます。全体に骨をつくる力も、骨を壊す力も弱まっていきますが、骨を壊す力の方が強い時期になります。
特に女性は50代以降の更年期に、閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、骨量が急激に減少します。
この状態が病的に進行したのが骨粗しょう症です。
特に、20代までにしっかり骨量を上げていなかったり、日々の食事のカルシウム不足が続いていると、骨量も早くから減少してしまいます。
従って骨量の減少をできるだけ遅らせることが非常に大切と考えられます。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

カラダの成長と骨の成長のしくみ

1.成長期のカラダづくりに大切なこと

成長期

成長期は、身長も伸び体重も増える、カラダづくりに大切な時期です。
丈夫なカラダづくりのためには、食生活・運動・睡眠が大切と言われています。

特に食生活については、何を食事から摂るかが大切です。
しっかりとしたカラダづくりには、まず骨の成長が大切。
そして“骨にはカルシウム”だけで良いのでしょうか?カルシウムを摂れば、カラダの成長となるのでしょうか?

2. 子どもの骨の成長期には2つのプロセスが大切

骨の材料をつくり、丈夫な骨にする。この2つのプロセスを繰り返し、しっかりとしたカラダをつくっていきます。
背が伸びるとは、骨が伸びることです。

3.骨の材料をつくる

子どもの骨の両端にある骨端線と呼ばれる場所にある軟骨が増えていき、骨が伸びます。

成長期

軟骨はコラーゲン(たんぱく質)で出来ています。食事から摂るたんぱく質が消化されて出来るアミノ酸がコラーゲンの原材料となり、そして成長ホルモンの働きによりコラーゲンが増えていきます。
この際、ビタミンB群も大切です。たんぱく質をアミノ酸に分解したり、別のアミノ酸に組み替えたりする働きを助けたりします。

4.丈夫な骨をつくる

食事から摂ったカルシウム(などのミネラル)が、骨端で増えた軟らかいコラーゲンに付き固め、強くしっかりとした骨として完成させます。
カルシウムの吸収が進まないと、せっかく、骨の土台となるコラーゲンを作っても骨になりません。カルシウムは体内で合成できないため、食事などから摂るしか方法はありません。しかし、せっかく摂ったカルシウムも骨に取り込まれなければ、排出されてしまいます。
ところが、カルシウムの体内への吸収率は低いとされています。(※)
そのため、カルシウムを効果的に骨に取り込むことが理想的です。カルシウムの吸収にはビタミンDが役立ちます。ビタミンDはカルシウムの運搬係として血液中に取り込むように働きます。
(※)厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

5.カラダが大きくなるタイミングに

カラダが大きくなる成長期には、カルシウムだけでなく、ここまでに説明しましたような、骨の成長に役立つさまざまな栄養をバランス良く摂る必要があります。
カラダの骨量は20歳前後がピーク時期とされています。そして、成長期といわれる小学校高学年や中学生世代は、最もカルシウムが必要な時期です。

成長期

食事の量や栄養バランスを工夫され、ぜひお子さまのすこやかな成長を支えてあげてください。
成長期に無理なダイエットをすると栄養不足により、骨が十分につくられなくなります。
三食きちんと食べ、栄養に偏りのあるインスタント食品などは食べ過ぎず、バランスの良い食生活にしましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

骨にはMBP®+カルシウム

MBP®は牛乳中の微量成分

MBP®は骨に関わる、牛乳中の微量成分として、雪印メグミルクが永年にわたり研究してきました。
この研究成果が実り、MBP®を使用した特定保健用食品の商品も発売することができました。

骨の材料となるカルシウム

実は年齢とともにカルシウムの吸収率は衰えます。せっかく摂ったカルシウムも、骨の材料として有効に利用されない場合があるため、十分に摂る必要があります。

毎日の食事で、どのくらいカルシウムが摂れていますか?

日本人は、慢性的なカルシウム不足だと言われています。カルシウムの摂取推奨量は、18才以上女性で650mg。しかし毎日しっかり摂取している人は多くありません。 カルシウムを650mg摂取するためには下の表くらいの食材が必要です。食生活もしっかり意識しましょう。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

10000ポイント
10,000 ポイント
人気のジャン=ポール・エヴァンや銀座千疋屋のタルト、ずわいがに、日帰り入浴券など、ファミリー層も意識したアイテムも取り揃えています。 掲載点数 約610点 ※シーズン途中で表紙・内容等が変更に..
10,000 ポイント
次回お届け予定の定期コース、または新たに商品をご購入いただく際の代金としてご利用いただける割引クーポンです。 マイページ、もしくはカート画面から簡単にご利用いただけます。 ●ご購入1回につき、..