よくあるご質問

みなさまからよくいただく質問をまとめました。

商品について

>>「ひと目でわかるMBP®関連商品の違い(選べる骨ケアラインアップ!)(PDF)」は、こちら

サービスについて

  • ご注文、お客様情報の登録、お届け先、お届け日・時間帯指定、お支払い方法、返品や送料については、「ご利用ガイド」をご覧ください。
  • 「定期コース」については、「定期コースのご案内」をご覧ください。
  • 「まとめ買いお値引きサービス」については、「まとめ買いお値引きサービス」をご覧ください。
  • 定期コースのお客様限定「ポイントプログラム」については、「ポイントプログラム」をご覧ください。
  • このサイトで、お客様情報を登録された方のお名前、住所、メールアドレス、パスワードなどの変更は、「ログイン」画面からログイン後、変更できます。

MBP®関連商品(「毎日骨ケア MBP®」、「毎日一粒 MBP®」、「毎日すこやか MBP® カルシウムプラス」)共通

1.MBP®とは何からできている成分ですか?
  • 1.ヨーグルトのパックを開けると水分が出ていることがあります。この水分を乳清(ホエイ)といいます。MBP®は乳清に含まれるたんぱく質で、牛乳や母乳に微量に含まれる成分です。
2.MBP®は、どんな働きがあるのですか?
  • 2.MBP®は、骨にカルシウムを付きやすくすると同時に、骨からカルシウムを過剰に溶け出すのを防いでくれる成分です。
3.MBP®関連商品に含まれるMBP®量はどれくらいですか?
  • 3.1日当たり40mgです。
4.どうしてMBP®を「シスタチンとして20μg」と表示しているのですか?
  • 4.MBP®は様々なたんぱく質の複合物です。特定保健用食品では、関与成分として1つの成分を特定し、その量を表示する必要があります。「毎日骨ケア MBP®」は特定保健用食品ですので、MBP®の成分の1つであり骨吸収(古い骨が壊されること)を抑える働きのあるシスタチンを関与成分として表示しています。
5.MBP®関連商品の代わりに牛乳からMBP®を摂るとしたら、1日どれくらい飲めばいいですか?
  • 5.MBP®関連商品には1日当たり40mgのMBP®を配合しています。この量を牛乳で摂るとすれば、1日に約800mlの牛乳を飲む必要があります。
6.妊娠中ですが、MBP®関連商品を摂ってもいいですか?
  • 6.MBP®関連商品は、妊産婦、授乳婦向けに開発した商品ではありません。ご心配な場合は念のため医師にご相談ください。
7.MBP®関連商品は、毎日摂らないといけないのですか?
  • 7.骨はゆっくりとしたスピードで、絶えず生まれ変わりを続けています。MBP®は毎日摂取することで、効率的に骨づくりをサポートする成分ですので、毎日お摂りいただくことをお勧めします。
8.MBP®は、1日にどれくらい摂取してもいいですか?
  • 8.MBP®は多量に摂取することによって疾病が治癒したり、より健康が増進されるものではありません。1日あたり40mgを目安にお摂りください。
9.1日のうち、いつ摂るのが効果的ですか?
  • 9.食品のため、いつでも構いません。毎日忘れずに飲むことを習慣づけるために、朝食後や寝る前など、毎日決まったタイミングに飲むことをお勧めします。飲み忘れ防止のため、「MBP®習慣チェックシート(PDF)」を印刷してご活用ください。※PCのみダウンロード対応しております。
10.他の食品と一緒に摂っても大丈夫ですか?
  • 10.MBP®は牛乳から取り出した食品由来の成分なので、問題ありません。
11.食物アレルギーをもっていますが、MBP®関連商品を摂っても大丈夫ですか?
  • 11.MBP®は牛乳由来のたんぱく質です。牛乳アレルギーの方にはお勧めできません。召し上がる前にかかりつけの医師にご相談ください。
12.薬を飲んでいますが、MBP®関連商品を併用して摂っても大丈夫ですか?
  • 12.薬と併用したときの問題は、これまでのところ認められておりません。ご心配な方は、かかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。
13.MBP®関連商品の原材料に、「MBP®」の表記がありませんが?
  • 13.「MBP®」は、原材料名としては「乳たんぱく質」になります。
14.MBP®関連商品は、どれがよいのですか?
  • 14.「毎日骨ケア MBP®」、「毎日一粒 MBP®」、「毎日すこやか MBP® カルシウムプラス」には、どれもMBP®が40mg含まれています。持ち運びや、場所を取らないものを望まれる方は、タブレットタイプの「毎日一粒 MBP®」や「毎日すこやか MBP® カルシウムプラス」をご利用ください。普段のお食事でカルシウムが不足していると感じるなら、「毎日すこやか MBP® カルシウムプラス」がお勧めです。「ひと目でわかるMBP®関連商品の違い(選べる骨ケアラインアップ!)(PDF)」はこちらから。
15.MBP®関連商品を、「ミルクの雫」や「ミルクからのカルシウム」と一緒に摂ってもよいですか?
  • 15.構いません。MBP®はカルシウムを骨に付きやすくする働きがあるため、骨の材料となるカルシウムを加えてお摂りいただくことをお勧めしております。 「ミルクの雫」と「ミルクからのカルシウム」にはカルシウムが350mg配合されています。「毎日すこやか MBP® カルシウムプラス」と合わせても500mgとなります。カルシウムの摂取上限量は、1日あたり2,500mgと厚生労働省が定めています。カルシウムは不足しがちな栄養素のため、積極的な摂取を心掛けましょう。
PAGE TOP

「毎日骨ケア MBP®」について

1.ブルーベリー風味とライチ風味の違いは何ですか?
  • 1.香料が異なります。栄養成分、アレルゲンに違いはありません。
PAGE TOP

「毎日一粒 MBP®」について

1.「毎日一粒 MBP®」とは、どのような味ですか?
  • 1.ヨーグルト風味でシュガーレス(キシリトール使用)です。
2.「毎日一粒 MBP®」は、どのように摂ればいいのですか?
  • 2.1日1粒を目安に、なめるか、かんでお召し上がりください。
3.「毎日一粒 MBP®」は、特定保健用食品(トクホ)ですか?
  • 3.本品は、特定保健用食品ではありません。「毎日一粒 MBP®」は、「毎日骨ケア MBP®」をご愛飲いただいているお客様の高いご要望に応え、いち早く商品をご提供するため、許可取得に時間のかかる特定保健用食品(トクホ)の申請をせずに、商品化しております。
4.「毎日一粒 MBP®」でカルシウムの補給ができますか?
  • 4.カルシウムは配合しておりません。普段のお食事で充分に摂れていないと感じる方は、カルシウムを配合した「毎日すこやか MBP® カルシウムプラス」などのサプリメントも お勧めします。
5.「毎日一粒 MBP®」を子どもに与えたいのですが、何歳から食べても良い商品ですか?
  • 5.大きめのタブレットで、乳幼児向けにつくられた商品ではありませんので、のどに詰まらせてしまわないよう、乳幼児の摂取はお控えください。通常の飴が食べられるようになる年齢(3歳頃)からをお勧めしています。また、体質によりおなかが緩くなることがありますので、多量に食べないようにご注意ください。
6.タブレットをよく見ると茶灰色や僅かに黒みがかった点々が見えますが、これは何ですか?
  • 6.原材料の一部です。心配ありませんので、安心してお召し上がりください。
PAGE TOP

「毎日すこやか MBP®カルシウムプラス」について

1.「毎日すこやか MBP® カルシウムプラス」は、特定保健用食品(トクホ)ですか?
  • 1.本品は、特定保健用食品ではありません。「毎日すこやか MBP® カルシウムプラス」は、「毎日骨ケア MBP®」をご愛飲いただいているお客様の高いご要望に応え、いち早く商品をご提供するため、許可取得に時間のかかる特定保健用食品(トクホ)の申請をせずに商品化しております。
2.タブレットをよく見ると白色、茶灰色や僅かに黒みがかった点々が見えますが、これは何ですか?
  • 2.原材料の一部です。心配ありませんので、安心してお召し上がりください。
3.「毎日すこやか MBP® カルシウムプラス」は、1日にどれくらいの量を摂ればいいですか?
  • 3.1日2粒を目安にお召し上がりください。
4.「毎日すこやか MBP® カルシウムプラス」を子どもに与えたいのですが、何歳から食べても良い商品なのですか?
  • 4.硬めのタブレットで、乳幼児向けにつくられた商品ではありませんので、のどに詰まらせてしまわないよう、乳幼児の摂取はお控えください。通常の飴が食べられるようになる年齢(3歳頃)からをお勧めしています。
5.サンゴカルシウムとは何ですか?何の目的で使用していますか?
  • 5.本品で使用しているサンゴカルシウムは、天然サンゴを乾燥、殺菌、微粉末化した天然カルシウムです。主成分は炭酸カルシウムです。カルシウム補給のために配合しております。カルシウムは人体に最も多く含まれるミネラルであり、骨や歯を形成します。

※MBP®は雪印メグミルク(株)の登録商標です。

PAGE TOP

「ミルクからのカルシウム」について

1.「ミルクからのカルシウム」とは、どのような味ですか?
  • 1.飲みやすいさっぱりしたミルク味です。
2.中身はどんな形状になっていますか?
  • 2.溶けやすいように、顆粒状に加工した粉末タイプです。
3.「ミルクからのカルシウム」のカロリーは、どのくらいですか?
  • 3.1本当たり56kcalで、低脂肪(1本あたり0.2g)です。
4.スティック1本で、カルシウムはどれくらい摂れますか?
  • 4.350mgのカルシウムが摂れます。また、カルシウムの吸収を手伝うビタミンDも配合しています。
5.「ミルクからのカルシウム」は、特定保健用食品(トクホ)ですか?
  • 5.トクホです。消費者庁から「この商品はカルシウムを豊富に含みます。日頃の運動と適切な量のカルシウムを含む健康的な食事は、若い女性が健全な骨の健康を維持し、歳をとってからの骨粗鬆症になるリスクを低減するかもしれません」という表示許可を得ています。
6.「ミルクからのカルシウム」は、どのように摂ればいいのですか?
  • 6.スティック1本(16g)を約140mlのお湯、または水に溶かしてお飲みください。料理やお菓子作り、ドリンクに加えてもおいしくお召し上がりいただけます。
7.1日のうち、いつ摂るのが効果的ですか?
  • 7.食品のため、いつでも構いません。毎日忘れずに摂ることを習慣づけるために、毎日の食事(料理)やドリンクに混ぜて使うなど、生活習慣の一つとして続けていくことをお勧めします。
8.「ミルクからのカルシウム」は、毎日摂らないといけないのですか?
  • 8.カルシウムは不足しがちな栄養素のひとつです。毎日摂られることをお勧めします。
PAGE TOP

「ミルクの雫」について

1.「ミルクの雫」とは、どのような味ですか?
  • 1.飲み込んでいただく仕様のため、味はつけておりません。
2.「ミルクの雫」のカロリーはどのくらいですか?
  • 2.1日分8粒あたり約2kcalです。
3.1日分として、どのくらい摂ればよいのですか?また、1袋にどのくらい入っていますか?
  • 3.1日あたり8粒が目安です。1袋に240粒(30日分)が入っています。
4.1日分8粒でカルシウムと、ビタミンDはどれくらい摂れますか?
  • 4.カルシウムは、350mgで1日分の50%(栄養素等表示基準値に対して)、ビタミンDは、1.5μgで1日分の30%(栄養素等表示基準値に対して)摂れます。「ミルクからのカルシウム」と「ミルクの雫」は同量のカルシウム350mg(1日あたり)が含まれています。ドリンクやお料理に加えてカルシウムを摂りたい場合は、「ミルクからのカルシウム」を。お薬のように飲みこむタイプで、持ち運びが多い場合は「ミルクの雫」をご利用ください。お好きなタイプをお選びください。
5.食品アレルギーをもっていますが、「ミルクの雫」を摂っても大丈夫ですか?
  • 5.牛乳由来のカルシウムを原材料として使用しています。牛乳アレルギーの方には、お勧めできません。また、本品製造設備では、えび、かに、卵、小麦を含む製品も生産しています。
6.「ミルクの雫」と「ミルクからのカルシウム」との違いは何ですか?
  • 6.この2つのカルシウムとビタミンDは同量ですが、形状は「ミルクからのカルシウム」は水などに溶かして飲む粉末で、「ミルクの雫」は水と一緒に飲みこむ粒タイプです。また、「ミルクからのカルシウム」は、国において食品の有効性や安全性について審査を受け、表示についての許可を受けた特定保健用食品ですが、「ミルクの雫」は、栄養成分の機能を表示して販売される栄養機能食品です。続けやすい形状でお選びください。また、「ミルクからのカルシウム」は水などに溶かして飲む粉末であるのに対して、「ミルクの雫」は手軽に摂取しやすい粒タイプですが、カルシウムとビタミンDは同量配合しています。
7.「ミルクの雫」は、特定保健用食品(トクホ)ですか?
  • 7.トクホではなく、栄養機能食品です。栄養機能食品とは、栄養成分の機能を表示して販売される食品です。「ミルクの雫」はカルシウムとビタミンDの含量を、国で定める範囲内で配合し、それぞれの栄養成分の機能を表示して販売しております。 1日に必要な栄養成分を摂れない場合に、その補給・補完のために利用していただくことが目的です。
8.「1日8粒を目安に」、と書いてありますが、いつ摂るのがよいですか?
  • 8.食品のため、いつでも構いません。毎日忘れずに飲むことを習慣づけるために、朝食後や寝る前など、毎日決まったタイミングに飲むことをお勧めします。
9.「ミルクの雫」と、普段服用している薬と併用しても大丈夫ですか?
  • 9.同時に飲むことで、薬の種類によっては、その薬の作用に影響を及ぼすことがあります。医師または薬剤師にご相談ください。
10.妊娠中ですが、「ミルクの雫」を摂っても大丈夫ですか?
  • 10.「ミルクの雫」は食品です。ただし、医師の治療を受けている方は、医師にご相談ください。
11.「ミルクの雫」を、子どもにあげても問題ありませんか?
  • 11.粒タイプで、子ども向けにつくられた商品ではありませんので、のどに詰まらせてしまわないよう、お子さまの摂取はお控えください。
PAGE TOP

「ミルク由来 吸収のはやいプロテイン」について

1.「ミルク由来 吸収のはやいプロテイン」はどのような味ですか?
  • 1.ビタークリーミー風味で、コーヒーやココア、カフェオレのような、コクと少し苦味のある味です。
2.「ミルク由来 吸収のはやいプロテイン」はどのように摂ればいいですか?
  • 2.スティック1本を100mlの水に溶かしてお召し上がりください。
    お好みにより、溶かす水の量は調整してください。また、牛乳などに溶かしてもお召し上がりいただけます。
3.「ミルク由来 吸収のはやいプロテイン」は1日にどれくらいの量を摂ればいいですか?
  • 3.1日スティック1本を目安にお召し上がりください。
    1回に多量に摂取されるよりも、毎日継続して摂られることをおすすめします。
4.「ミルク由来 吸収のはやいプロテイン」は1日のうち、いつ摂ればいいでしょうか?
  • 4.毎日の習慣として、家事で体を動かされる際や、散歩やウォーキングなどの運動の前後に飲用いただくことをおすすめしております。
5.ホエイペプチドとは、どのような成分ですか?
  • 5.牛乳に含まれているたんぱく質を細かく分解した成分です。
    牛乳の中には、栄養価の高いホエイプロテインというたんぱく質が含まれています。
    そのホエイプロテインを雪印メグミルク鞄ニ自の技術で、吸収しやすい形に分解したものです。
6.オルニチンとは、どのような成分ですか?
  • 6.シジミの健康成分として知られているアミノ酸の一種です。
    「ミルク由来 吸収のはやいプロテイン」には、シジミ約900個分のオルニチンが配合されています。
    ※本品に配合しているオルニチンはシジミから抽出したものではなく、発酵法で製造されたものです。
7.ビタミンDとは、どのような成分ですか?
  • 7.ビタミンDは脂溶性ビタミンのひとつで、日光にあたる時間が少ない人や魚をあまり食べない人に不足しがちな栄養素です。骨作りに大切なカルシウムの吸収や骨の形成に関わる成分としても知られています。
8.「ミルク由来 吸収のはやいプロテイン」は妊娠中に摂ってもいいですか?
  • 8.妊産婦の方が摂取されても問題ありませんが、妊娠中および授乳中はいつも以上に食生活に気を付ける必要があるかと思いますので、医師へのご相談をおすすめいたします。
9.「ミルク由来 吸収のはやいプロテイン」は子どもに飲ませても大丈夫ですか?
  • 9.お子さまが摂取しても問題はありませんが、子ども向けにつくられた商品ではなく、風味(ビタークリーミー風味)も成人向きであることから、おすすめはしておりません。
10.食品アレルギーをもっていますが、「ミルク由来 吸収のはやいプロテイン」を摂っても大丈夫ですか?
  • 10.乳成分が含まれていますので、牛乳アレルギーの方にはおすすめできません。
    また、本品製造設備では、えび、かに、小麦、卵を含む製品も生産しています。

「植物由来 グルコサミン&コンドロイチン」について

1.「植物由来 グルコサミン&コンドロイチン」は、どのように摂るとよいのですか?
  • 1.水、またはぬるめのお湯と一緒にのみこんでください。
2.植物由来のグルコサミンは、えび・かに由来のグルコサミンと比べると効果に違いはありますか?
  • 2.グルコサミン自体の食品としての役割は同じです。「えび、かに由来のグルコサミン」には、原料由来のアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が含まれている可能性があります。本品に使用している「植物由来グルコサミン」には、えび・かにのアレルゲンは含まれておりません。ただし、本品製造設備ではえび、かにを含む製品も生産しています。
3.「植物由来 グルコサミン&コンドロイチン」は、1日分を数回に分けて飲んでもよいのですか?
  • 3.食品のため、摂り方に決まりはありませんが、なるべく1回で摂ることをお勧めします。複数回に分ける場合、小袋を開封したら、その日のうちにお召し上がりください。
4.開封後はどのくらい(何日くらい)日持ちしますか?
  • 4.開封後はその日のうちにお召し上がり下さい。
5.「植物由来 グルコサミン&コンドロイチン」を、妊娠中や授乳中に摂ってもいいですか?
  • 5.直ちに問題となる症例は報告されていませんが、妊娠中・授乳中はご使用をお控えください。体調に変化が現れた場合や、ご心配であれば医師や薬剤師にご相談ください。
6.「植物由来 グルコサミン&コンドロイチン」を他の健康食品と一緒に飲んでもいいですか?
  • 6.食品のため、摂り方に決まりはありません。他の健康食品との飲み合わせなどの症例は報告されていませんが、体調を見ながらご使用ください。
7.「植物由来 グルコサミン&コンドロイチン」を、普段服用している薬と併用しても大丈夫ですか?
  • 7.グルコサミンとコンドロイチンは、一部の薬と相互作用を示すことがあります。 薬を服用あるいは通院中の方は、医師や薬剤師にご相談の上お召し上がりください。 相互作用を示す可能性のある薬は、インスリンなど糖尿病治療薬、抗癌剤、ワルファリンなどの抗凝固剤などが報告されています。
8.グルコサミンが植物由来と書いてありますが、どんな植物からできていますか?
  • 8.原材料はトウモロコシを使用しています。
9.植物からどうやってグルコサミンが作られるのですか?
  • 9.本品の原材料として使用しているグルコサミンは、トウモロコシから抽出したでんぷんを微生物によって発酵して作られています。
10.グルコサミンが植物由来と書いてありますが、えび、かにのアレルギーがある人でも摂れますか?
  • 10.本品は植物由来グルコサミンを使用しており、原料にはえび・かにのアレルゲンは含まれておりません。しかし、本品を製造している工場の同じラインでえび・かにを原材料に使用した製品を製造しております。えび・かにのアレルギーをお持ちの方は、摂る前に医師や薬剤師にご相談ください。
11.コンドロイチン硫酸含有サメ軟骨抽出物とは何ですか?
  • 11.サメの軟骨から、コンドロイチンを豊富に含むムコ多糖類を抽出した食品素材です。
12.マルチトールとは何ですか?
  • 12.マルチトールとは、糖アルコールという虫歯にならない性質を持っている糖質の一種です。マルトース(麦芽糖)を原材料として得られ、砂糖とほぼ同等の甘味を有しています。
13.ステアリン酸カルシウムとは何ですか?何の目的で使用していますか?原材料は何ですか?
  • 13.一般的な食品添加物のカルシウム剤です。タブレットを形作るために加える食品添加物です。
    ステアリン酸カルシウムの原材料はパーム油の脂肪酸と水酸化カルシウムです。
14.結晶セルロースとは何ですか?
  • 14.結晶セルロースとは、タブレットを形作るために加える食品添加物です。パルプを原材料として分解、精製したもので、化学構造は天然のセルロースと同じものです。
15.プルランとは何ですか?何のために使用しているのですか?
  • 15.プルランは増粘多糖類のひとつで、デキストリンと同じで、でんぷんから作られています。タブレットの形を作るために使っています。
16.タブレットが他と比べて赤茶色になっているような気がするのですが、大丈夫ですか?
  • 16.温度や湿度の影響によって、色が変わることがあります。主原料であるグルコサミン構造の一部が温度や湿度によって反応することが主な原因ですが、品質には問題ございません。
17.「植物由来 グルコサミン&コンドロイチン」を摂ったら血糖値は上がりますか?
  • 17.グルコサミンを摂ることで血糖値が上がることがあります。 糖尿病でお薬を服用している方や通院中の方は、医師や薬剤師にご相談ください。
PAGE TOP

「ウルトラハレガード」について

1.「ウルトラハレガード」は、なぜ1日の目安量が3粒なのですか?
  • 1.食品のため、決まりはありませんが、毎食歯みがき後になめていただくことを想定して、1日3粒としています。
2.キシリトールとオーバルゲン®の違いをわかりやすく教えてください。
  • 2.キシリトールは、むし歯を進行させない甘味料で、オーバルゲン®は鶏卵の卵黄から得られた機能性素材です。
3.「ウルトラハレガード」を食べていれば、歯を磨かなくても良いですか?
  • 3.「ウルトラハレガード」には研磨剤は入っていませんので、歯磨きの代わりにはなりません。歯磨き後になめることをお勧めします。
4.アレルギー体質なのですが、「ウルトラハレガード」は食べても大丈夫ですか?
  • 4.「ウルトラハレガード」に含まれるオーバルゲン®は、鶏卵の卵黄から得られた食品由来の機能性素材です。卵アレルギーがある方はお控えください。
5.原材料に使用している還元水飴やオリゴ糖などは、歯に悪くないのでしょうか?
  • 5.虫歯の原因菌は砂糖などをエサにして歯を溶かす酸を作り出しますが、「ウルトラハレガード」に砂糖は使用しておりません。原材料に使用している「還元水飴」は「水飴」とは異なります。「還元水飴」や「イソマルトオリゴ糖」は、虫歯の原因菌のエサになりにくい糖と言われています。
6.「ウルトラハレガード」を食べると、おなかが緩(ゆる)くなってしまう感じがあるのですが、どうしたらよいでしょうか?
  • 6.「ウルトラハレガード」は「糖アルコール」を使用しています。糖アルコールは大量に召し上がると、体質によりおなかが緩くなることが知られています。1日の摂取目安量は3粒になりますので、それ以上の摂取はお控えください。また、3粒でもおなかが緩くなってしまう場合は、ご使用をお控えください。
7.「ウルトラハレガード」を食べ続けることで、害はありませんか?
  • 7.「ウルトラハレガード」は、普段よく食べる食品のみを原材料としており、また安全性について詳細に確認しています。食べ続けることによる害はありません。
8.「ウルトラハレガード」を定期的に食べていたら、その後は食べなくても良いですか?
  • 8.効果を実感いただいた後でも、その後の口腔ケアが不十分だと元に戻ってしまう可能性があります。そのため、正しい歯みがき習慣と定期的な検診、そして継続的な「ウルトラハレガード」の摂取をお勧めします。
9.「ウルトラハレガード」を食べるとどのくらいの間、口臭をおさえることが出来ますか?
  • 9.「ウルトラハレガード」には消臭成分として植物由来のポリフェノール(デオアタック)を配合し、このポリフェノールには臭いの原因物質と結合して臭いをなくす作用があります。本品の原材料にはコーヒー生豆抽出物とゴボウパウダーとして記載しています。実感には個人差があります。
10.「ウルトラハレガード」は、子どもが食べても大丈夫ですか?
  • 10.お子さまが召し上がっても問題のない原材料を使用しておりますが、味を確かめながらお召し上がりください。また、のどを詰まらせる心配のある幼児やご年配の方は、十分にご注意の上、お召し上がりください。
11.高血圧の薬を飲んでいて、グレープフルーツジュースを禁止されていますが、「ウルトラハレガード」を食べても大丈夫ですか?
  • 11.グレープフルーツ果汁を原料とした香料を用いているため、摂取はお控えください。
12.うっかり「ウルトラハレガード」を摂り忘れてしまうのですが、何か良い案はありませんか?

※オーバルゲン®は、(株)イーダブルニュートリション・ジャパンの登録商標です。

上記内容で、解決しない場合は、お電話、または「変更・お問い合わせ」よりお問い合わせください。

PAGE TOP